IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

社長の計画的犯行
在庫の損失計上は上場の時点でわかっていたはず。
それを隠蔽したまま上場し、上場初日に持ち株の約5%を売り抜けた(「5%ルール」の記載より)。
この社長、詐欺師としての才能はあるけれど、上場企業の経営者としてはどうなのか? 
その資格があるのか?

今回の決算では営業外利益なるものでつじつまを合わせているが、これだって次回の決算報告でどうなるか?
一連の経緯は虚偽記載に当たらないのか?

1月13日に証券会社がこの株の第三者割当を辞退している。
証券会社もこうなることがすでにわかっていたということだ。