ここから本文です

今回のpringのシステムメンテナンスは、発行するQRコードの仕様を三行が決めた規格に合わせる改修をおこなうのではないかと見ています。

pringで発行されるQRコードの有効期間は決められているので、仕様を変えても問題ありません。
3行が決済アプリとしてpringのみ使うとなると現実味がありませんが、pringが三行の仕様に合わせ、アプリ横断的なことが出来るようになるということであれば、十分あり得る話ではないでしょうか。