IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>806

    ウニとか、鮭とか、チリから、かなり輸入していると聞いていますが。。。

    特に、ウニは漁獲高世界1位だそうです。。。

    前に、回るお寿司屋さんで使われている銀ダラ(ほんとうはタラの仲間じゃない)も、チリ沖の深海から獲っているというのも、テレビでやっていたように記憶しています。。。

  • >>806

    >ワインが有りますね。

    そうですね。
    同じ価格帯のワインなら、フランス産のよりもチリワインの方が断然おいしいと私は思っています。

    でも、ブランジスタという会社が取引にかかわったワインなら、私は選びません。
    自分の「運」が逃げていくような気がするからです。

    日本銀行政策委員会審議委員であった中原伸之氏の著書『日銀はだれのものか』(中央公論新社、2006年)には、「私にはその人の持つ『運』がわかるのです」といった一節があります。

    人間の持つ「運」など、非科学的なものではないかと思われる方もいらっしゃるかと思います。そのとおりなのかもしれません。

    しかし、中原氏こそ、日銀審議委員として、いわゆる「量的緩和政策」を提唱し、デフレと極端な円高から日本を救った人物である。元FRB議長のベン・バーナンキは日銀審議委員の提示する各政策を読み、「中原氏だけが正しい。あとはJUNK(がらくた)」と述べたそうである。

    TOB(株式公開買付)をめぐるNHKのドラマ『ハゲタカ』(2007年放送)で、銀行のお偉いさんを演じた俳優の中尾彬はテレビのバラエティー番組で「店員によって不快な思いをした店には二度と行ってはいけないんだよ。どんなにうまくても!」と言っていたが、同感である。

    「神の手」相場でダマされた人は、「2匹目のドジョウはいない」の格言の従って、今回は難を逃れられたのでしょうか?