IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

このところ前進のみで後退がありません。石油の増産が間に合わない、夏の旅行シーズン、中国のロックダウン解除、AI、CuがEVへの切り替えで価格が上昇、商品価格すべてが上向き、放物線ではなく、比例カーブです。