ここから本文です

金価格 1310ドル代まで下落したことで、北朝鮮問題による上昇分は、ほぼ吐き出したはず。
明日夜のFOMCが注目だが、FOMCの結果が緩和的であれば、当然、金価格は上昇。
引き締め的であったとしても、長期的には、米国株式の下落を通じて、金価格は上昇すると考える。
どちらに転んでも、長期ホールドであれば、結果は同じ…と思う。