IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

26日09:19 オアRBNZ総裁
「緩和的な金融政策は長期に渡って変更せず」
「必要ならばマイナス金利などさらなる緩和策を講じる可能性」

26日09:41 米国防総省
「米国はシリアで防衛空爆を実施した」
「イランが支援する過激派グループが使用する国境管理ポイントの複数の施設を破壊」
「空爆はシリアとイラクの紛争をエスカレート解除することを目的」

26日14:00 黒田日銀総裁
「政策点検、方向性言えないがこうかや物価低迷の理由など議論」
「コロナ禍でイールドカーブを低位安定させることが大事」
「これ以上の金融政策でできることは何もないとは言えない」
「日本経済や物価は下向きのリスク」

26日17:42 シュナーベルECB専務理事
「名目金利の変化は注意深く監視する必要」
「利回りの上昇が成長を損なう場合は、ECBは追加サポートが必要かもしれない」
「名目利回りの上昇がインフレ期待を反映している場合、それは歓迎すべき兆候」
「長期金利の上昇は回復を損なう可能性がある」

26日20:08 ホールデン英金融政策委員会(MPC)委員
「インフレ率の高止まりを予想」

26日20:13 ロシア外務省
「(米軍のシリア空爆)行為を非難、シリアの主権や領土保全を尊重すべき」

26日22:40 ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
「利回りの上昇は経済を巡る好材料を反映している」

27日00:47 ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁
「ECBはパンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)を加速する必要」

※時間は日本時間