IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:

国内総生産(Gross Domestic Product)とは、国内で生産されたモノやサービスの総額で、経済の規模をあらわすモノサシとなっています。

GDPの伸び率が経済成長率に値します。
また、カナダはG7国家であるため、変動が大きい場合、他国へ影響を与えます。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • 75(最新)

    dailyWorker 3月6日 05:18

    5日09:15 黒田日銀総裁
    「経済・物価見通し、下振れリスクのほうが大きい」
    「景気は基調として持ち直している」
    「政策点検、YCCや資産買い入れなど各種施策を点検」
    「YCCは適切に機能しており、変更はない」
    「新型コロナの影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和」
    5日12:20
    「長期金利変動幅、拡大する必要があるとは考えない」
    「現在は債券市場のイールドカーブを低位安定する必要がある」
    「ETF購入、メリハリつけ市場状況に応じた弾力化が正しい」

    5日10:16 李中国首相
    「2021年のGDP成長率目標を6%超に設定する」
    「2021年の財政赤字は対GDP比で前年の3.6%に対して3.2%を計画している」
    「人民元の為替レートを基本的に安定させ続ける」
    「台湾独立を目指す活動を断固として阻止」

    6日02:12 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
    「労働市場が更に拡大するとよいが、新型コロナやそのワクチン次第だろう」
    「2023年までに完全雇用に戻れれば素晴らしいことだ」
    「雇用市場が引き締まれば賃金が上昇し、インフレ2%に達するだろう」
    「現在の金利上昇は懸念していない」

    6日02:34 ブラード米セントルイス連銀総裁
    「2021年には堅調な経済が見込まれる」
    「持続的に2%を超えるインフレを歓迎する」
    「10年債利回りは現在パンデミック前の水準に戻っている」
    「無秩序な動きには懸念を抱くだろう」
    「労働市場にはまだ多くの改善が必要」

    ※時間は日本時間

  • 4日05:26 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
    「2022年の利上げを予想せず」
    「イールドカーブ・コントロールは可能な手段のひとつ」
    「利上げがあるとするならば2023年末に向けてだろう」

    4日05:49 オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁 
    「任務を達成するためには、まだ緩和的な金融政策が必要」
    「住宅価格のボラティリティがNZ金融システムの健全性にリスクをもたらす」

    4日07:54 メルケル独首相
    「ロックダウンを段階的に緩和する道筋を設定する」
    「予防接種はパンデミックから抜け出す方法」
    「自分たちを後退させることなく開放するためのステップを踏む必要」
    「10万人あたり感染者が50人を下回ると小売業を含めた緩和を検討」

    4日12:52 カーンズ豪準備銀行(RBA)金融安定局長
    「現在の住宅価格は懸念していない」
    「貸し付けの質は我々が見守る必要のあるもの」
    「債券利回りの上昇は国際的な現象」

    4日17:42 クノット・オランダ中銀総裁
    「欧州中央銀行(ECB)理事会での金利上昇に関する議論は、景気回復とインフレ見通しを反映したものだとの認識が土台となる」

    4日22:26 ショルツ独財務相
    「2021年に追加の借り入れが必要となる可能性」

    5日02:11 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
    「FRBは目標達成のために強くコミット」
    「依然としてFRBの目標には程遠い」
    「インフレの上昇は一時的な可能性が高い」
    「市場が秩序のない状況になれば問題視するだろう」
    「最大限の雇用は年内確保の可能性は極めて低い」
    「賃金の上昇を見極めたい」
    「さらなる顕著な進展までしばらく時間がかかる」
    「一過性のインフレ加速に対して我々は慌てない」
    「最近の債券市場のボラティリティが気になる」
    「FRBは条件が満たされるまで利上げを行わない」
    「FRBの現在の金融政策スタンスは適切」

    ※時間は日本時間

  • 3日10:22 フライデンバーグ豪財務相
    「金利が上昇し、財政の安定を脅かす時期が来るだろう」

    3日10:40 片岡日銀審議委員
    「見通しに対するリスク・バランスは、感染症の影響を中心に下振れ方向のリスクが大きい」
    「必要があれば、特別プログラムの再延長も含め、躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる方針」
    「金融政策においては、長短金利操作とコミットメントに関して緩和を強化することが必要」
    「積極的に国債を買入れ、長短金利を引き下げることが適当」

    3日18:34 菅首相
    「1都3県を対象とする緊急事態宣言の2週間延長を検討」

    3日18:41 欧州中央銀行(ECB)関係筋
    「債券利回り上昇を抑制するために、劇的な措置は必要ない」

    3日20:11 スナク英財務相
    「英国の戦時レベルの債務残高は無視できない」
    「英経済は、来年半ばに新型コロナウイルス流行以前の水準を回復する見通し」
    「一時帰休労働者への支援は9月末に終了する」
    「英国は新型コロナウイルス対策の追加支援で、今年と来年に650億ポンド拠出」
    「英国政府債務の対GDP比は、2020-21年が88.8%、2021-22年が93.8%」
    「2023年には法人税が25%へ上昇する見込み」

    3日21:06 ワイトマン独連銀総裁
    「ドイツ経済は、都市封鎖(ロックダウン)が長期化しても対応できる」
    「欧州中央銀行(ECB)は、パンデミック緊急資産購入プログラムに関して柔軟に対処」
    「利回りの上昇幅は特に気になるものではない」
    「ECBは不当な引き締めに対応する準備ができている」
    「PEPPは柔軟性があり、預金金利の引き下げはECBの手段の1つ」

    3日21:40 デコス・スペイン中銀総裁
    「ECBは必要に応じてすべての措置を調整する用意がある」
    「ECBはかなり大きな金融刺激策を維持する必要がある」
    「為替相場の推移を監視し続ける必要がある」

    4日00:22 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
    「今年度の成長見通しは12月から基本的に大きく変わらない」
    「21年の物価上昇率は前回ECB見通しを明らかに上回る」
    「下半期は経済成長が強まると予想」
    「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入ペースはいつでも拡大できる」

    4日01:42 テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員
    「マイナス金利によるリバーサルレートは理論上のリスクであり、現実世界の経験には裏付けられていない」
    「マイナス金利が銀行の信用供与を減らすとは考え難い」
    「基本的な見通しでは、インフレリスクは見られない」

    4日03:23 エバンズ米シカゴ連銀総裁
    「失業率は9%近辺もしくはそれ以上」
    「年末までに失業率は5%程度になると予想」
    「ワクチンの進展は非常にポジティブ」
    「インフレが急激に上昇する著しいリスクは見られない」
    「利上げ検討前に2%以上のインフレを望む」
    「インフレ率が3%まで上昇した場合は異常だが、上昇した場合でも実際問題はない」
    「長期金利の上昇は前向きな経済的兆候であるという見解を共有」
    「私の見通しは昨年12月以来改善している」
    「金融市場はより前向きな見通しを織り込みつつある」
    「イールドカーブ・コントロールについては考えていない」

    4日03:36 クオモ・ニューヨーク州知事
    (複数のセクハラ疑惑が浮上していることについて)
    「私の行動を人々に不快感を与えた」
    「お詫びする」
    「私は一度も不適切に人に触れたことはない」
    「辞任しない」

    4日04:12 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
    「米経済活動はほとんどの地区で緩慢に拡大」
    「個人消費と自動車販売に関してはまちまち」
    「ほとんどの地区で製造業は緩やかに拡大」
    「ホテルや小売、オフィス部門の商業用不動産の状況はやや悪化」
    「ほとんどの地区では緩慢に雇用が改善」
    「いくつかの地区では賃金がわずかに上昇」
    「いくつかの地区では今後数カ月にわたって適度な価格上昇を見込んでいる」

    ※時間は日本時間

  • 2日08:18 ホークスビーNZ準備銀行(RBNZ)総裁補佐
    「必要に応じてキャッシュレートを引き下げることができる」
    「RBNZは、必要に応じて毎週の債券購入額を増やすことができる」
    「RBNZは長期的な刺激に取り組んでいる」
    「ニュージーランドの景気回復は不均一で脆弱であり、見通しは鈍い」

    2日16:53 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
    「もし金利上昇が資金調達にマイナスの影響を与え始めた場合、緩和措置の検証を行う」

    2日17:45 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
    「欧州中央銀行(ECB)は、望ましくない金利上昇に対応する柔軟性がある」

    2日22:47 パネッタ欧州中央銀行(ECB)専務理事
    「政策支援はパンデミック終了後もかなり期間継続する必要」
    「2021年は依然としてパンデミックの年」
    「利回りの急上昇に対応する必要」

    2日22:53 バーキンド石油輸出国機構(OPEC)事務局長
    「石油市場の見通しは引き続き明るい」
    「ポジティブな世界経済の拡大とアジアの需要回復に勇気づけられている」

    3日03:39 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事
    「市場動向に細心の注意を払っている」
    「経済は目標には程遠く、忍耐強さが必要」
    「インフレは低いが、インフレ予測は2%に近づいている」

    3日04:49 石油輸出国機構(OPEC)プラスの共同技術委員会(JTC)
    「最近の石油価格の回復はファンダメンタルの改善というよりも投機的な動きの可能性が高い」

    ※時間は日本時間

  • 1日18:25 ルメール仏経済・財務相
    「最近の金利上昇に対しては心配していない」

    1日19:37 バーキン米リッチモンド連銀総裁
    「米国のインフレ率は、いずれインフレ目標2%を超える見通し」
    「米国の景気回復に連れて、インフレ率は上昇する見込み」
    「米国の景気回復に向けた夜明けが近づいている」
    「景気回復に伴って金利が上昇しなければ残念」
    「長期債の利回りは、パンデミック(世界的大流行)以前に比べると低水準のまま」
    2日02:47
    「イールドカーブの状況は見通しに対する自然な反応」
    「インフレ期待を注意深く見ているが、それらはまだあるべき所に達していない」
    「インフレ期待が上昇している兆候はない」
    「利回りの上昇が投資に影響を与えるという根拠を見たことがない」

    1日21:23 ジョンソン英首相
    「都市封鎖(ロックダウン)の解除に向けて正しいペースで進んでいる」

    1日23:03 ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
    「見通しが実現しない場合、マイナス金利という手段が必要になる可能性」

    2日00:12 ビルロワドガロー仏中銀総裁
    「最近の利回りの上昇は不当であり、ECBはそれに対応する必要がある」
    「選択肢には必要に応じて預金金利の引き下げが含まれる」
    「最初のツールは、PEPP購入の柔軟性を積極的に利用」

    2日01:14 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
    「パンデミックは依然として我々の経済に重くのしかかっている」

    2日02:12 エルドアン・トルコ大統領
    「2020年の成長率は政策の正しさを示している」
    「政府は新憲法の準備を決定」

    ※時間は日本時間

  • 26日09:19 オアRBNZ総裁
    「緩和的な金融政策は長期に渡って変更せず」
    「必要ならばマイナス金利などさらなる緩和策を講じる可能性」

    26日09:41 米国防総省
    「米国はシリアで防衛空爆を実施した」
    「イランが支援する過激派グループが使用する国境管理ポイントの複数の施設を破壊」
    「空爆はシリアとイラクの紛争をエスカレート解除することを目的」

    26日14:00 黒田日銀総裁
    「政策点検、方向性言えないがこうかや物価低迷の理由など議論」
    「コロナ禍でイールドカーブを低位安定させることが大事」
    「これ以上の金融政策でできることは何もないとは言えない」
    「日本経済や物価は下向きのリスク」

    26日17:42 シュナーベルECB専務理事
    「名目金利の変化は注意深く監視する必要」
    「利回りの上昇が成長を損なう場合は、ECBは追加サポートが必要かもしれない」
    「名目利回りの上昇がインフレ期待を反映している場合、それは歓迎すべき兆候」
    「長期金利の上昇は回復を損なう可能性がある」

    26日20:08 ホールデン英金融政策委員会(MPC)委員
    「インフレ率の高止まりを予想」

    26日20:13 ロシア外務省
    「(米軍のシリア空爆)行為を非難、シリアの主権や領土保全を尊重すべき」

    26日22:40 ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
    「利回りの上昇は経済を巡る好材料を反映している」

    27日00:47 ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁
    「ECBはパンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)を加速する必要」

    ※時間は日本時間

  • 25日05:55 ロバートソン・ニュージーランド(NZ)財務相
    「NZ中銀(RBNZ)は政策決定で住宅価格を考慮へ」

    25日07:03 クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
    「米景気回復に強気」
    「経済には良い勢いがありワクチンは歓迎すべきニュース、財政や金融政策支援も多くある」
    「インフレ率2%と最大雇用を達成するまで利上げはない」
    「量的緩和の縮小議論は時期尚早」

    25日19:53 レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
    「ECBは長期債利回りの推移を注意深く見ている」

    25日22:46 ボスティック米アトランタ連銀総裁
    「経済はまだらで不均一な回復」
    「FRBの責務は完全雇用。GDPではない」
    26日03:34
    「利回りは歴史的にみて依然として非常に低い」
    「FRBが現時点で利回りに対応する必要はない」

    25日23:36 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁
    「債券利回りの上昇は経済見通しに対する楽観的な見方を反映」
    「失業率と目標を下回るインフレを鑑みて、テーパリング議論は時期尚早」
    「追加金融緩和は不均一性を悪化させかねない」
    「失業率6.3%は労働市場のスラック(緩み)を過小評価している可能性」

    26日00:15 デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
    「今年上期のユーロ圏成長率は予想よりも若干弱いだろう」

    26日00:33 ブラード米セントルイス連銀総裁
    「成長とインフレの改善を考慮すると利回りの上昇は適切」

    26日01:21 デコス・スペイン中銀総裁
    「最近のインフレ上昇は主に一時的なもの」
    「ECBの金融政策は長期間緩和的となる公算」

    26日05:08 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
    「基調的なインフレ圧力は抑制続く」
    「さらなる大幅な進展まで国債購入を維持」
    「21年米GDPの伸び率は数十年ぶりの力強さの公算」
    「FRBは経済支援に完全にコミット」

    ※時間は日本時間

  • 24日08:43 麻生財務相
    「現対策を着実に実行、追加対策は考えていない」
    「経済対策の効果はあり、景気全体の基調は悪くない」
    「少なくとも2025年までは赤字国債を発行せざるを得ない財政状況」
    「財政規律を緩めることは全く考えていない」

    24日10:45 黒田日銀総裁
    「日銀が債務超過に陥るかどうか予断もって答えるのは控える」
    「自己資本の残高、足元は9.5兆円」
    「保有国債の平均残存期間は7年程度で安定している」
    「国債買い入れは財政ファイナンスではない」
    「ETFの買い入れはTOPIX連動型を増やすなど、個別の株価に影響がないように配慮している」
    「現時点ではETFの購入で株式市場の機能低下は生じていない」

    24日11:15 オアNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁
    「あらゆる緩和策を保持しておきたい」
    「世界の国債利回りが上昇していることは認識している」
    「インフレや雇用の結果を見る必要」
    「中銀は必要ならばさらなる刺激策を講じることにコミット」

    24日21:25 南ア政府(予算案)
    「276億ランドの税収増を計画」
    「2021-22年会計年度の連結財政赤字はGDP比9.3%と予測」
    「2022-23年会計年度の連結財政赤字はGDP比7.3%と予測」
    「2023-24年会計年度の連結財政赤字はGDP比6.3%と予測」
    「2024-25年に財政黒字を目指すのが目標」
    「2022年の4月から法人税を27%に引き下げ」
    「2021年は3.3%成長と予測」

    24日23:36 ディーズ米国家経済会議(NEC)委員長
    「追加の経済対策の規模巡り妥協することはない」

    24日23:45 ブロードベント・イングランド銀行(BOE)副総裁
    「英失業のリスクは両方向にある」

    24日23:47 ハスケル英中銀金融政策委員会(MPC)委員
    「政府が計画しているワクチンの迅速な展開は経済にとって上向きのリスク」
    「2月の予測に対する下振れリスクははるかに優勢」

    24日23:48 ベイリー英中銀(BOE)総裁
    「EUの金融サービスに関する政策は合法性について物議を醸している」

    25日00:24 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
    「労働市場にはスラック(需給の緩み)が多くある」
    「完全雇用には程遠い」
    「実際のデータがインフレ、雇用目標に近づくまで、現在の債券購入ペースを維持する」
    「進捗状況について可能な限り事前に連絡する」
    「米国の失業率は現在10%に近づいています」
    「経済は雇用と物価目標から程遠い。時間がかかる」
    「インフレは非常に低いまま。期待は高まった」
    「インフレ目標を達成するのに3年以上かかる可能性がある」
    「一部の資産価格が上昇しているように見える」
    「望ましくないインフレに対処するためのツールがある」

    ※時間は日本時間

  • 23日10:33 ブリンケン米国務長官
    ※ミャンマーの軍事クーデターに関連した制裁について
    「暴力を振るい人々を抑圧する者に対し、更なる行動を取ることに躊躇しない」

    23日11:00 モリソン豪首相
    「一時的な新型コロナウイルス雇用支援策は、3月末に終了予定」

    24日00:04 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
    「年内の見通し改善が示唆されている」
    「目標に向け長い道のり、一段の進展には一定の時間が必要」
    「回復は依然として不均衡かつ完全な形とは程遠い」
    「先行きは極めて不透明」
    「失業率は依然として高い水準。雇用市場の改善は減速した」
    「経済にとって最も重要なことは人々がワクチンを接種すること」
    「完全な回復には程遠い」
    「FRBの流動性と資産価格の間には関連性がある」
    「事前に債券購入の変更は通知する」
    「この3カ月、さらに顕著な進展は見られない」
    「インフレは一時的に上昇すると予想」
    「望ましくないインフレが発生した場合、それに対処するためのツールがある」
    「今は財政赤字について考える時ではない。いずれその時が来る」
    「来年以降インフレに多少のボラティリティが生じる可能性」
    「インフレに関して1970年代の過ちを繰り返すつもりはない」
    「利回り含め幅広い状況を考慮する」
    「FRBは慎重かつ時間をかけて辛抱強く行動する」
    「FRBによるデジタル通貨発行の是非については慎重に検討」
    「世界の準備通貨として、米国がデジタル通貨で最初である必要はない」
    「デジタル通貨は非常に優先度の高いプロジェクト」
    「見通し改善による資産価格の上昇は健全な兆候」

    24日02:39 マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁
    「金融緩和策はかなり期間必要になる」
    「新型コロナウイルスは労働市場の構造変化を加速させた」
    「カナダ経済の完全な回復はまだ遠い」

    ※時間は日本時間

  • 22日09:21 王毅中国外相
    「前の米国政権の行動は、二国間関係に計り知れない損害を与えた」
    「米中二国間問題の根本的な原因は、前の米国政権が中国を抑圧し封じ込めるための措置を講じたこと」
    「米中は人類のために協力しながら自分たちのことを自分たちで行うべき」
    「中国は常に人権の保護に取り組んでいる」

    22日10:23 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)
    「新型コロナ感染を封じ込めることができたため、ニュージーランドの経済回復は他の先進国よりも速い
    「パンデミック後に経済回復力は強まり、22年から24年のGDPは約3.2%を予測」

    22日21:45 フローデン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁
    「最近のインフレ率の上昇は驚き」
    「インフレ意表はたくさんの不確定要素とボラタリティがある」
    「スウェーデンクローナは過剰にそして早く強くなりすぎている」

    22日23:18 カプラン米ダラス連銀総裁
    「2021年の米GDP成長率は5%になると予想」
    「この見通しに対するリスクは上向き」
    「インフレがある程度堅調になることを期待」
    「米石油生産は2021年に安定する可能性が高い」

    22日23:20 イエレン米財務長官
    「より長期の債券発行はある程度理に適うようだ」
    「金融取引税は検討の価値がある」
    「ビットコインは投機性が強く、利用者は警戒が必要」

    22日23:38 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
    「ECBは長期名目金利の動向を注視」

    22日00:53 バーキン米リッチモンド連銀総裁
    「金利上昇は問題のある状況ではない」

    ※時間は日本時間

  • 19日06:29 イエレン米財務長官
    「バイデン大統領の増税は緩やかで段階的に進む可能性が高い」

    19日15:25 ビルロワドガロー仏中銀総裁
    「インフレが弱いままである限り、金融政策に変更はない」
    「欧州では、経済の過熱や持続的なインフレ上昇リスクはない」
    「ユーロは国際レベルでより大きな役割を果たすべき」

    19日22:33 バーキン米リッチモンド連銀総裁
    「今後数カ月の温暖な天候と免疫の広がりは、消費者と企業への規制が少なくなることを意味する」
    「緩和政策、貯蓄、財政支援の組み合わせで経済を短期間で健康な状態に戻すことができることを願っている」

    20日00:16 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
    「2021年下期までに堅調な景気回復を遂げると予想」
    「必要に応じて、追加の財政・金融政策の準備ある」
    「失業率の低下とインフレの上昇が大幅に進展するまでQEを継続」

    20日01:31 バイデン米大統領
    「北大西洋条約機構(NATO)の同盟に完全にコミットする」
    「民主主義を守り、そのために戦わなければならない」
    「中国との競争に備えなければならない」

    20日03:11 ウイリアムズ米NY連銀総裁
    「利回りの上昇は懸念していない」
    「経済はまだ深い穴にいる」
    「財政刺激策が過剰であることは心配していない」
    「住宅用不動産価格のかなりの上昇を見込んでいる」

    ※時間は日本時間

  • 18日11:30 黒田日銀総裁
    「菅首相との会談では最近の世界経済状況について話した」
    「3月点検の話もした」

    18日19:34 英政府
    「ニュージーランドとの貿易協議はここまで順調に進んでいる」

    18日20:29 サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員
    「英国の労働市場には十分な余力」
    「英国の一時解雇プログラムは失業を制限するのに役立った」
    「英国の失業率は著しく上昇している」
    「労働市場のデータを重視」
    「失業率の上昇がインフレを目標以下に押し戻す可能性」

    18日21:34 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(1月21日分)
    「理事会が回復を支援するための継続的かつ野心的な財政政策の必要性を強調することが重要であると考えた」
    「インフレが持続的な目的に向かって進むことを保証するために、適切な場合には、預金ファシリティ金利(DFR)を含め、すべての金融商品を調整する準備ができていることを表明する必要がある」
    「理事会が為替レートの動向とインフレ見通しへの影響に関してその警戒を繰り返すべきである」
    「十分な金融刺激策が不可欠であることに同意」

    19日02:10 オルセン・ノルウェー中銀総裁
    「ノルウェイーのソブリンファンドの年利リターンは(前回3%から)2%と予測」
    「パンデミックが続く限り金融政策は拡張的を維持」
    「常に金利がゼロのままとは言っていない」

    ※時間は日本時間

  • 17日05:39 デイリー米SF連銀総裁
    「インフレが高すぎることは、現時点で考えるリスクではない」
    「インフレへの圧力は下向き」
    「望ましくないインフレがすぐに起こるとは思わない」

    17日10:09 ケント豪準備銀行(RBA)総裁補佐
    「政策対応がなかった場合に比べて、豪ドルは最大5%安い」
    「政策対応に伴う豪ドルへの下落圧力は今後も続く」

    17日12:49 アーダーンNZ首相
    「オークランドの都市封鎖(ロックダウン)を今夜解除する」
    「新型コロナウイルスの感染拡大はおさまりつつある」

    17日15:09 菅首相
    「株価は低いより高いほうがいいに決まっている」
    「GDPをみれば景気は持ち直していることも確か」
    「ETF買い入れについて、金融政策の手法は日銀に委ねるべき」
    「日銀には適切な政策運営を期待したい」
    「ETF買い入れについて、黒田総裁は株価のためではなく金融政策の一環と説明」

    17日16:30 英国家統計局
    「1月CPIに対するBREXITの明らかな影響は見られなかった」

    17日17:37 茂木外相
    「在日米軍駐留経費、日米で合意」
    「バイデン政権の日米同盟強化の方針を歓迎」

    17日18:50 ドラギ伊首相
    「イタリアは2022年末までにパンデミック前のレベルを取り戻すことはないだろう」
    「イタリア経済はすでにパンデミック前に遅れをとっていた」
    「EUは不況と戦うために共通の予算を必要」

    17日19:43 独保健相
    「新型コロナウイルス変異株の感染はドイツで急速に広がっている」
    「変異株の割合は高くなっているが、全体の新規感染者数は減少している」
    「1000万回分のワクチンが来週到着し、ワクチン接種のペースを大幅に加速することができるだろう」

    17日23:13 バーキン米リッチモンド連銀総裁
    「小売売上高の上昇はおそらく刺激策が要因」
    「FRBは2021年は楽観的」

    18日00:09 ローゼングレン米ボストン連銀総裁
    「労働市場は依然として混乱」
    「非常に大きいギャップのある労働市場を修正するためにやるべきことが多くある」
    「現在、すべての主要なインフレ指標は非常に低い」

    18日01:08 ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
    「現在の金融政策は適切」
    「政策が見通しに対する下振れリスクに強く傾倒することは引き続き適切」
    「量的緩和が金融政策ツールとして意図した通りに機能すると確信」
    「単純マイナス金利を実施する準備ある」

    18日03:50 カプラン米ダラス連銀総裁
    「追加刺激策は経済成長、雇用、インフレを促し、すべてを均等にする」
    「ウイルスへの対応がいまだに一番の経済への懸念」

    18日04:06 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
    「実質的な進展が見られるまでには時間がかかる可能性」
    「QEの方針変更前にコミュニケーションが重要」
    「12月予測と比較して2021年はかなり強い見通しを示唆」
    「12月の労働市場の状況は全体として悪化」
    「金利が実効下限に近づいていることもあり、委員会は雇用とインフレに対する下向きのリスクが高まっていると判断」
    「ウイルスの経路と財政政策に対する見通しは金融市場の主な推進力」
    「民主党の過半数獲得は追加経済対策に対する投資家の期待を後押し」
    「一時的なインフレ要因に留意することが重要」
    「刺激策とワクチンが景気を大きく押し上げる」
    「中期的な見通し、声明変更に十分なほど改善した」

    ※時間は日本時間

  • 16日09:24 黒田日銀総裁
    「現在の強力な金融緩和しっかり実施し、経済を支える」
    「世界や日本経済のダウンサイドリスクは無視できない」
    「ETF買い入れの出口を検討する段階ではない」
    「政策点検で、YCCやマイナス金利を見直す考えはない」
    「2023年でも物価目標に遠いことは認めざるを得ない」
    「これまでの努力が全く効果なかったわけではない」

    16日09:36 豪準備銀行(RBA)議事要旨
    「大規模な金融政策支援が当面は必要」
    「オフィシャルキャッシュレートは必要なだけ0.10%に据え置きへ」
    「金融刺激策の撤回検討は時期尚早」
    「失業率とインフレ率、早くても24年まで目標に達成しない見込み」
    「賃金とインフレ率の上昇には、労働市場が持続的にタイト化する必要」
    「オフィシャルキャッシュレート、インフレ率が目標レンジ内に持続的に収まるまで引き上げない」
    「債券買い入れ終了は豪ドルに多大な上昇圧力になると認識」

    16日16:40 ビルロワドガロー仏中銀総裁
    「一部の企業が危機を乗り越えられないのではないかという懸念」
    「一部の企業は生き残るために資本注入を必要としている」

    16日17:59 ドナフー・ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長
    「第4四半期の欧州経済は恐れていたほど減速しなかった」

    16日22:18 ブラード米セントルイス連銀総裁
    「バブルではない。ただの通常の投資」
    「ビットコインは金のライバルとして特徴付けられる」

    17日02:42 ジョージ米カンザスティ連銀総裁
    「パンデミック後の住宅やオフィスの変化は、不動産の圧力につながる可能性がある」
    「長期的なリスクには、在宅勤務の増加と都心から離れた人口の入れ替えが含まれる」
    「戸建ては活況を呈しており、しばらくの間堅調を維持するだろう」
    「ビットコインは現代における現象であり、投資家を魅了するものだが、長期的には何が起こるか不明」

    ※時間は日本時間

  • 15日11:56 菅首相
    「為替については注視している」

    15日18:03 アルトマイヤー独経済相
    「独輸出見通しはロックダウンの影響が小さいことを鑑みるとポジティブ」
    「ロックダウンの延長は第1四半期GDPの重し」
    「昨年春と比べてロックダウンの影響は小さい」
    「産業経済の見通しは引き続き慎重」

    15日19:43 ルメール仏財務相
    「今年は欧州独立を加速させるための新たな計画を望んでいる」
    「アジアの電子部品に対する欧州の依存は容認できない。EUを脆弱にしている」

    15日20:13 ジョンソン英首相
    「可能であれば、経済再開の最も早い目標値を設定」
    「学校再開は3月8日を望んでいるが、正確な日付の決定はなされていない」
    「ロックダウン解除に向けてのロードマップを作成する予定」
    「ほとんどの証拠がウイルスは武漢が起源と示している」
    「今年はイースター休暇を保証することができない」

    15日21:22 ブルト・トルコ大統領顧問
    「高金利は危険なメカニズム」
    「為替レートは下がっているが、物価は依然上がっている」

    15日23:17 ショルツ独財務相
    「イタリアは再び親ユーロ政権を選択した、これはとても良い兆候だ」

    ※時間は日本時間

  • 12日07:25 バーキン米リッチモンド連銀総裁
    「景気回復に集団免疫は必要ではない」
    「旅行や出張への支出回復は長い時間がかかる」
    「集団免疫が無くても、春か夏には強い消費需要を見込んでいる」

    12日07:40 ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員
    (デイリー・ミラー紙より)
    「来年の今頃は、英国の年間成長率は2桁になっているだろう」
    「新型コロナウィルスの規制が解除されたら消費の急増を予想する」

    12日08:55 麻生財務相
    「景気は新型コロナウィルスの影響で、今はまだ厳しい状況」
    「持ち直しの動きが国によって出でてきている」
    「日本は改善する方向にあるかなという気はしている」

    12日15:21 バイトマン独連銀総裁
    「増税のおかげで独CPIは今年のECB目標を上回る可能性」

    12日17:01 スナク英財務相
    「経済は冬を超えて回復する兆しが見えている」
    「新型コロナウイルスは発症と入院の減少を見る必要がある」
    「楽観的になる理由がある」

    12日19:11 フォンデアライエン欧州委員長
    「年央までに復興基金が配分され、欧州の景気回復を支援する見込み」

    12日19:42 ロシア中銀
    「中立的な金融政策への回帰を検討」
    「インフレ率は目標を上回りつつある」

    12日21:23 ナビウリナ・ロシア中銀総裁
    「緩和サイクルは終わった」
    「ロシアのインフレ率は5.5%程度でピークアウトする見込み」

    12日23:29 麻生財務相
    「G7財務相会合、マクロ経済のあり方や低所得国支援などを議論」
    「マクロ分野では経済回復の道筋見据えた対策が必要」
    「低所得国支援では途上国の利益になることが重要」

    13日02:15 トルドー加首相
    「ファイザー製コロナワクチン、幾らかは予定よりも到着が早まる」
    「追加400万回分のワクチンをモデルナから購入し、今後はインド製ワクチンも検討」

    13日02:21 ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)専務理事
    「G7は、ワクチンへのアクセス・政府の回復サポート・気候変動や脆弱な国々への支援に対し確固たる連携を示した」

    ※時間は日本時間

  • 11日11:41 バイデン米大統領
    「米国民に利益をもたらすときは、中国と協力する」
    「中国の経済的慣行、人権侵害、台湾についての行動に懸念を表明した」

    11日12:28 習近平・中国国家主席
    「米中間の対立は惨事になる」
    「2国間関係、主要な国際的および地域的問題について意見交換をした」
    「バイデン米大統領は、米国が台湾、香港、新疆ウイグル自治区に関連する問題を慎重に対処することを望んでいると語った」
    「米中はお互いの政治的意図を正確に理解し、誤解を避けるために、さまざまな対話メカニズムを再確立する必要がある」
    「協力することが中国と米国にとって唯一の正しい選択」

    11日16:59 ビルロワドガロー仏中銀総裁
    「気候問題は、欧州中央銀行(ECB)の使命に直結している」
    「バランスシートの拡大は、追加緩和を示唆するものではない」

    11日17:23 ハンコック英保健相
    「英国民が夏休みをとれるように、あらゆる措置を講じる」

    11日18:08 メルケル独首相
    「都市封鎖(ロックダウン)は、できるだけ早期に解除したい」

    11日18:18 マーチン・アイルランド首相
    「ワクチン供給を巡るEU離脱協定書の北アイルランド議定書16条の行使は、冷静に対応すべき」

    11日19:05 欧州委員会
    「今年のユーロ圏成長率予測を、従来の4.2%から3.8%へ引き下げ」

    11日19:31 バルニエ欧州連合(EU)首席交渉官
    「ブレグジット交渉は終了した」
    「欧州連合(EU)は、英国との競争を恐れていない」
    「英国が、競争環境の公平性を担保するまで、EUは譲歩しない」
    「北アイルランドを巡る通商問題は、解決できる」

    11日22:03 英首相報道官
    「英国は、競争環境の公平性に関して、いつでも話し合う用意がある」

    12日01:21 ペロシ米下院議長(米民主党)
    「下院は15ドルの最低賃金案も含めたコロナ支援法案を上院に送付するだろう」

    12日02:14 エング・カナダ貿易相
    「メキシコはカナダ企業のために安定的で予測可能なビジネス環境を維持するべき」

    12日02:38 ホワイトハウス高官
    「高賃金の雇用を創出し、景気回復を支援するために、新しいインフラの構築が必要」
    「インフラに対し、上院は超党派での行動を望んでいる」
    「バイデン政権は半導体不足について積極的に取り組んでいる」

    12日02:59 ラーブ英外相
    「中国が英BBCワールドニュースを放送禁止にしたことは、報道の自由という文化のなかでは受け入れられない」
    「BBCに対する措置は世界における中国の評判を落とすことになる」

    12日03:26 トルコ大統領府報道官
    「トルコは露製S400システムを返却するつもりはない」
    「米国との問題が直ぐに解決できるとは誰も予想しておらず、解決するために話し合いが持たれる」

    12日04:11 メキシコ中銀
    「インフレと経済活動、市場が主要な課題」
    「メキシコの第4四半期の経済は予想以上に改善」
    「経済活動に下振れリスク」
    「インフレ見通しのリスクは依然として不確実」
    「将来の金融政策の決定はインフレ次第」

    ※時間は日本時間

  • 10日10:35 中村日銀審議委員
    「ETFに限らず大量の資産買い入れや保有の長期化は市場機能に影響」

    10日20:57 デコス・スペイン中銀総裁
    「欧州中央銀行(ECB)は、インフレ目標達成のためにあらゆる措置を講じる」
    「景気見通しのリスクは、依然として下方向」

    10日22:17 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
    「緩和的な金融政策の継続が必要」
    「少なくとも年末までは財政支援が必要」
    「必要ならパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)増額も可能」
    「ECBが懸念する水準までインフレが加速するのはまだ先」

    11日00:44 マース独外相
    「もしノルドストリーム2をキャンセルすれば、ロシアを中国に近づけることになる」

    11日01:06 米行政管理予算局(OMB)局長候補のタンデン氏
    「最低賃金の引き上げを支持」
    「直近のデータは、雇用喪失と最低賃金引上げの関連性は低いことを示している」

    11日01:40 レーン・カナダ銀行(中央銀行、BOC)副総裁
    「最近の暗号通貨の急騰は投機的なマニアのようにみえる」

    11日02:10 ベイリー英中銀(BOE)総裁
    「今はEUと金融について地域的な議論をする時ではない」
    (金融政策について言及せず)

    11日04:04 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
    「米経済は力強い労働市場から依然として程遠い」
    「辛抱強く緩和的な金融政策が重要」
    「今後数カ月のインフレ上昇はあまり意味がない」
    「一時的な物価上昇をもたらす支出の急拡大はみられたが、それが大きくも持続的でもないと予想」
    「連邦債務にフォーカスする時期ではない」
    「雇用の完全回復には追加的な政府支援が必要」

    11日04:13 米国務省
    「ブリンケン国務長官はトルコ外相と数日以内に会談する予定」
    「(トルコが購入した露製地対空ミサイル)S400について深く懸念している」

    ※時間は日本時間

  • 9日22:50 ベディングフィールド・ホワイトハウス広報部長
    「共和党の協力を得るためにコロナ支援策のプロセスを遅らせるようなことはバイデン大統領はしない」
    「支援策は職場における女性を助けることにも力を注ぐ」

    9日23:55 イタリアの民主党党首
    「ドラギ首相候補との会談にとても満足」
    「ドラギ氏の方針に対する信頼を確認した」

    10日02:13 ゴーブ英内閣府担当相
    「北アイルランドを巡る緊張は欧州連合(EU)側の行動が原因」
    「議定書が機能することを示す必要がある」

    10日02:58 サキ米大統領報道官
    「バイデン大統領は本日、経済対策案を巡り企業トップらと会談」

    10日04:12 米国務省
    「隣国を脅すという中国政府の行動パターンを強く懸念」
    「中国とインドの国境紛争を注視している」

    ※時間は日本時間

  • 8日23:54 中国人民銀行(PBOC)
    「慎重で安定した金融政策を継続」
    「金利改革を継続」
    「為替レートの柔軟性を高めることを目指す」

    9日00:09 ゴーブ英内閣府担当相
    「北アイルランド議定書、運用方法に改善が必要な部分が多く見受けられる」
    「議定書について、北アイルランド全体に懸念が広がっている」

    9日01:23 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
    「新型コロナウイルス急増はユーロ圏の経済活動に重大な下振れリスク」
    「緩和的な金融政策スタンスは依然として不可欠」

    9日02:26 メスター米クリーブランド連銀総裁
    「FRBは金融緩和を長期にわたって続けるだろう」
    「経済が最大雇用に戻るにはしばらく時間がかかるだろう」

    ※時間は日本時間

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan