IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

バイオベンチャー株価週報(27日~1日)

この間、上昇率の第1位は免疫生物研究所で+26.4%だった。第2位はサスメドで+11.5%、第3位はジャパン・ティッシュ・エンジニアリングで+35.7%と続いた。一方、下落率では大きい順にセルソースが-13.6%、ステラファーマが-11.9%、ヘリオスが-11.9%となっている。GNIは-6.5%。

免疫生物研究所 322 407 26.4%
27日の取引終了後、シスメックス <6869.T> [東証P]と検体検査分野向け試薬の原材料開発に関する業務提携で合意したと発表しており、これが好感された。今回の提携は、両社の診断薬開発技術の相互利用を進めることで、より独創的で高品質な製品を開発し全世界に向けて提供することが目的。

サスメド 791 882 11.5%
29日の取引終了後、アキュリスファーマ(東京都港区)と世界初のブロックチェーン技術を活用した治験の実施に関する契約を締結したと発表しており好感された。アキュリスファーマが予定しているヒスタミンH3受容体拮抗薬/逆作動薬pitolisantに関する国内第3相臨床試験の治験業務の一部を受託し、同社の臨床試験システムを導入するという。治験にはシミックホールディングス<2309.T>傘下のシミックも参画し、新薬開発のために必要な治験の業務効率化による開発コスト低減と信頼性の向上を同時に実現することを目指す。

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 575 620 7.8%
27日、「自家培養軟骨ジャック」(ジャック)について、厚生労働省による再審査が終了し、その結果、「ジャック」の承認時の有効性が改めて確認され、「効能、効果または性能」に変更がないことが判明したと発表した。

ジーエヌアイグループ 1317 1232 -6.5%
一ヶ月半にも渡るボックス相場を抜け出したGNIは、良好なファンダメンタルズも踏まえ、好材料も内包しているが、今週は元の木阿弥に終始。夏場には強いとの定評もあり??、いつ反発、暴騰が見られるか期待も大きい。

その他ニュース
デ・ウエスタン・セラピテクスは再生医療製品の開発に着手 オンコセラピー・サイエンスが財務会計基準機構から退会 リボミックは抗癌剤増強アプタマーの開発に成功 メディシノバがBARDAとの前向きな契約延長を締結。