IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (702コメント)

  • バイオベンチャー株価週報(27日~1日)

    この間、上昇率の第1位は免疫生物研究所で+26.4%だった。第2位はサスメドで+11.5%、第3位はジャパン・ティッシュ・エンジニアリングで+35.7%と続いた。一方、下落率では大きい順にセルソースが-13.6%、ステラファーマが-11.9%、ヘリオスが-11.9%となっている。GNIは-6.5%。

    免疫生物研究所 322 407 26.4%
    27日の取引終了後、シスメックス <6869.T> [東証P]と検体検査分野向け試薬の原材料開発に関する業務提携で合意したと発表しており、これが好感された。今回の提携は、両社の診断薬開発技術の相互利用を進めることで、より独創的で高品質な製品を開発し全世界に向けて提供することが目的。

    サスメド 791 882 11.5%
    29日の取引終了後、アキュリスファーマ(東京都港区)と世界初のブロックチェーン技術を活用した治験の実施に関する契約を締結したと発表しており好感された。アキュリスファーマが予定しているヒスタミンH3受容体拮抗薬/逆作動薬pitolisantに関する国内第3相臨床試験の治験業務の一部を受託し、同社の臨床試験システムを導入するという。治験にはシミックホールディングス<2309.T>傘下のシミックも参画し、新薬開発のために必要な治験の業務効率化による開発コスト低減と信頼性の向上を同時に実現することを目指す。

    ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 575 620 7.8%
    27日、「自家培養軟骨ジャック」(ジャック)について、厚生労働省による再審査が終了し、その結果、「ジャック」の承認時の有効性が改めて確認され、「効能、効果または性能」に変更がないことが判明したと発表した。

    ジーエヌアイグループ 1317 1232 -6.5%
    一ヶ月半にも渡るボックス相場を抜け出したGNIは、良好なファンダメンタルズも踏まえ、好材料も内包しているが、今週は元の木阿弥に終始。夏場には強いとの定評もあり??、いつ反発、暴騰が見られるか期待も大きい。

    その他ニュース
    デ・ウエスタン・セラピテクスは再生医療製品の開発に着手 オンコセラピー・サイエンスが財務会計基準機構から退会 リボミックは抗癌剤増強アプタマーの開発に成功 メディシノバがBARDAとの前向きな契約延長を締結。

  • 第30回日本乳癌学会学術総会(6.30~7.02)は今日まででしたね。
    皇室の佳子様も記念式典でご挨拶されましたね。

    CullgenのXiong博士の公演は昨日の午前中だったようです。
    Targeted Degradation of Cyclin D Protein for Breast Cancer Therapy
    (乳がん治療のためのサイクリンDタンパク質の標的分解)

    Cullgenの日本での公演は2回目ですね。前回は日経バイオテクに取り上げられました。今回はどうかな? お知らせぐらいは出してもいいかなって感じ。

  • こんな記事も出てましたね。SBI証券ニュース。

    テクニカルで選ぶ注目銘柄=GNI:一目均衡表日足の「雲」の上限に接近、週足でも13週線を上回る  2022/06/24 09:51

    ジーエヌアイグループ(GNI)<2160.T>の株価が23日に64万株の出来高を伴って前日比55円高と上伸して、再び終値で25日移動平均線を上回ってきた。日足一目均衡表においても、23日終値は2つの先行スパンで囲まれた「雲」と呼ばれる抵抗帯の上限付近に位置していることから上限を上回ってくれば、目先上値を目指す展開になりそうだ。週足でも今週には13週移動平均線に対するプラスカイ離を回復しており、26週移動平均線に対するマイナスカイ離も1%台にまで縮小していることから、終値で26週線を上回ってくれば、中期的にも上値を目指す動きが期待できそうだ。
    [ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
    提供:モーニングスター社 (2022-06-24 09:41)

    期待しちゃっていいのかな?
    いいともぉ~😍

  • こんにちはι(´Д`υ)アツィー 当地観測史上最速の猛暑日です(^^♪

    昨夜はNYダウ+823.32(+2.68%)、NASDAQ+375.42(+3.34%)上昇。
    マザーズとの相関性の高いNASは5陽線発生、転換サインが出たそうです。

    グロースコア指数も8%を超える爆上げ、マザーズ指数も+5.68%でした。

    さぁ~一足早い熱い夏まつりになって欲しいですょグニたん💛

    下記はコア指数の10位まで、GNIは6.17%の影響度ですね。

  • バイオベンチャー株価週報(20日~24日)

    この間、上昇率の第1位は窪田製薬ホールディングスで+43.5%だった。第2位はステラファーマで+39.4%、第3位はキャンバスで+35.7%と続いた。一方、下落率では大きい順にテラが-4.9%、Green Earth Instituteが-1.6%、ソレイジア・ファーマが-1.2%となっている。GNIは+14.7%。

    窪田製薬ホールディングス(231円、前週比+43.5%)
     2つの大きな材料が週内に発表され、それぞれで市場が大きく反応した。1つ目は20日に発表した、近視メガネ「Kubota Glass」の米国で販売開始について、2つ目は24日に発表した、同社開発品エミクススタトのスターガルト病第3相臨床試験の最終被験者のデータ取得完了についてだ。それぞれ20日と24日の同社株価のストップ高につながった。

    キャンバス(631円、前週比+35.7%)
     6月20日から22日にかけて、3日連続でストップ高を記録した。きっかけとなったのは、前週に引き続き同社の抗がん薬開発品CBP501の膵臓がんに対する進捗だ。

    ステラファーマ(453円、前週比+39.4%)
     6月24日、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)用の医薬品「ステボロニン」について、中国企業に対する供給契約を締結したことが発表され、材料となった。中国の医療特区「海南島医療特区」でBNCT療法を導入するための契約で、BNCTの機器側を担当する住友重機械工業のBNCTシステムが導入されることも併せて発表された。

    プレシジョン・システム・サイエンス(463円、前週比+27.5%)
     6月24日、世界的に感染が広がっているサル痘(モンキーポックス)に対して、そのウイルスDNA検査PCRキットを7月に発売すると発表し、ストップ高につながった。

    ジーエヌアイ(1149円→1317円+14.6%)
    本日グロースCore指数8.19%上昇。グロース大型に新たな買い手が登場か?
    GNIは1,140~1,260円のボックス圏を抜け出し1,317円。上昇トレンドを継続している。ファンダ良好、子会社上場期待と好材料がいつ開示されるのか思惑を呼んでいる。来週もGNIを筆頭にバイオ株から目が離せない。

  • >>No. 16819

    今月初めはまだ1400円前後だったけど、子会社上場が本日承認された6619は今夜のPTSが暴騰してますね。やっぱりねぇ(^^♪

  • コンチ上場、本掲示板で先日より話題になってるけど。

    V.評価
    コンティーニ製薬は、アイスーリュイの医薬品で市場を占有し、市場の継続的な成長と非常に高い粗利を持ち、長期的には投資家の注目に値する利益の段階的な拡大を期待しています。 2021年度の合理的な評価範囲は30~60億元で、20~40倍のP/E評価を会社に与えます。
    https://redian.news/wxnews/35237

    時価総額600億円~1200億円ですか? もっちょっと上かなって感じ(^^♪
    PER100倍でもいいんじゃって思う(∀`*ゞ)テヘッ

    今年2月に上場した楽普生物科技股分有限公司(中国を拠点とする腫瘍治療に特化したバイオ製薬会社)は時価総額116億HK$→2011億円(@17.34)です。
    調達額予定162億円。2021年12月売上0円、純利▲1,011百万元の赤字ですね。

    時価総額1400億円、浮動株15%、新株発行241万株、GNI比率50%以上。
    上記ぐらいは考えてほしいものです。(パチョリーさん参照)

    調達額、そりゃ~最低200億円以上って妄想してますけど(^^♪

  • 北京コンチと同じ2月28日目論見書提出の智雲健康集団は、6月23〜28日の日程でブックビルディングを実施する。7月6日の香港メインボード上場を目指す。(昨年8月最初の申請後無効になり、再提出した経緯があったとか?)

    さぁ~上場コンチわぁ~ってことで、楽しみです💛

  • 円安が22年ぶりに136円突破、140円超えもあるとか。

    連結ベースで円安による追い風(5月19日1Q短信)
    日本円の減価(2021年1月~2022年4月)
    対米ドル:25%
    対人民元:20%

    営業利益の為替感応度:
    中国元が1円円安になると約5%、USドルが1円円安になると
    約0.7%、それぞれ営業利益の増額要因となります。

    下記図は1Q短信時のチャート。
    4月末時点よりもさらなる円安なので、メリットどんだけぇって感じ(^^♪

  • 本日香港上場の美因基因(メガ・ジェノミクス)は公開価格8.2%高らしい。
    上記は2月17日に目論見書提出して申請。6月10日からブックビルディング。

    2月28日に申請した、あの北京のバイオ会社も、もしかしたらもうすぐなのかなって思う(^^♪

  • >>No. 1774

    ちょっとねぇ~(^^♪
    プリティーだけど、エ〇男爵のイメージがね💛

  • >>No. 1772

    大ちゃんかわいいですね🐈
    最近(=^・^=)ちゃん飼いたいわぁ~(^^♪

  • バイオテックレポートhttps://biotech-report.info/archives/2785

    ★大型株3銘柄(ジーエヌアイグループ、そーせいグループ、ペプチドリーム)の株価の現状分析と展望2022年6月10日

    欧州中央銀行による金融引き締めを警戒する動きにより、昨日の米国市場は大幅に下落。
    その影響により、本日の日本株も売りが優勢となりましたが、同じように値を下げた創薬株の下落幅は、昨日の大幅な上昇を考慮すると、許容範囲内と言えるのではないでしょうか。

    懸念材料としては、大型株が元気無く、ジーエヌアイグループ(GNI)とペプチドリームは4%を超える下落となりました。

    GNI株は1,170円~1,270円のボックス圏での推移を続けており、本日は4.6%下落となったものの、終値1,196円は同圏内に位置しています。

    そして、テクニカル指標(RSI・MACD・DMI)の数値によると、GNI株は過熱感も無く、若干の上昇トレンドを示しています。

    ファンダメンタルズでは、米中経済の復調によって主力製品「アイスーリュイ」や人工骨の売上増が見込めることがGNI株を押し上げる要因となります。

    そのため、本日は大幅な下落となりましたが、GNI株の展望は明るく、同ボックス圏を上抜ける可能性が高いと言えるでしょう。

    ペプチドリームはGNIとは反対に、ファンダメンタルズとテクニカルの両方で難しい状況に置かれています。以下略

    ★スイスの利上げにより世界経済の減速懸念が高まるなか、ペプチドリームやサンバイオなどのPBRが大きい開発偏重の創薬株は厳しい展開と予想
    2022年6月17日

    スイスの15年ぶりの利上げによって欧州株が大幅に下落し、その影響を受け、米国株や日本株も下落。

    6日続落となった創薬株では、全てのテクニカル指標(RSI・DMI・MACD)によるサインが「売り」を示し、来週も厳しい展開が想定されます。

    売上が期待できない割に時価総額が大きな中型株(アンジェス、サンバイオ、ヘリオス、ステムリム)は投資リスクが高まると考えられます。

    大型株(ジーエヌアイグループ、そーせいグループ、ペプチドリーム)でも売上偏重のGNIが下落トレンドに対する抵抗力が強いものの、開発偏重のペプチドリームと、バランス型のそーせいグループは同トレンドの流れに逆らえません。

  • バイオベンチャー株価週報(13日~17日)

    キャンバスが奏効例公表で再びストップ高、ペプチドリームは1000円意識する水準に

    この間、上昇率の第1位はキャンバスで+15.4%だった。第2位は窪田製薬ホールディングスで+8.1%、第3位はセルソースで+7.7%と続いた。一方、下落率では大きい順にモダリスが-24.5%、ステラファーマが-20.3%、メディネットが-19.0%となっている。ジーエヌアイー3.9%。

    キャンバス(465円、前週比+15.4%)
     6月16日にストップ高の416円(前日比+23.8%)、17日も続伸して465円(前日比+11.8%)となり年初来を更新した。6月15日に、同社の抗がん薬開発品CBP501の、膵臓がんに対する米国第2相臨床試験の進捗状況が報告され、1例のポジティブな経過が発表されたことが材料視されている。6月上旬にストップ高を記録して以来、同社株への注目が高まっている。

    ペプチドリーム(1238円、前週比-16.6%)
     昨年来、株価の下落に歯止めがかからず、ついに1000円を意識する水準になってきた。マイナスの材料が発表されているわけではなく、下落の要因としては、一時金収入による売上高・営業利益の拡大に対する期待が持てない状況が大きいと考えられる。黒字を続けてきた同社には、こうした業績への期待が大きい。またパイプラインの進捗に対する不足感と、昨年から続く株価下落によって「売りが売りを呼ぶ」状態であることも、それぞれ関係していそうだ。

    窪田製薬ホールディングス(161円、前週比+8.1%)
     6月13日にストップ高となる199円(前日比+33.6%)を付けた。同日、同社が開発している近視用デバイスクボタメガネ(Kubota Glass)が、米食品医薬品局(FDA)において医療機器の登録を完了したと発表され、買われた。

    ジーエヌアイ(1149円、前週比ー3.9%)
    13日アイスーリュイの適応拡大、塵肺治療薬のⅢ相被験者登録を開示したものの市場の評価までは至らず、株価は失速。マザーズ指数の地合い悪化にお付き合いした格好だ。しっかりせぃっ!!って感じだ。

  • 昨日米ナスダック総合は値上がりしましたね。
    バイオ関連の値上がりも目立ちますね💛

    値上がり率ランキング(バイオ株抜粋)
    ②メレオ62.5%④クロビス32.58%⑥コーバス30.43%⑦セセン28.81%
    ⑨コメラ26.86%sと10位内に5社。30位内にもう5社です。

    タンパク質分解関連も順調な様子です。
    アルビナス4.24%、C4セラピ6.13%、キメラ10.87%、ニュリック14.29%

    ここまで下げすぎでしたので、上がるときも早いのかな(^^♪
    マザーズバイオもそうなればいいなぁって妄想してみた。

  • 夏号をペラペラとめくってみたけど、マザーズバイオの現状。

    ★今期、来期黒字
    GNI、ラクオリア、シンバイオ、そーせい今赤来黒。

    ★今期、来期赤字
    アンジェ、オンコセラ、ナノキャリア、カルナ、デウエスタン、オンコリス、
    サンバイオ、カイオム、メドレックス、リボミック、ヘリオス、ブライト、窪田、ソレイジアetc

    今、地合い悪化の理由でアルゴ空売りの対象にされてるけれど、グニたんは治験進捗、売り上げ拡大中と二刀流の活躍をしてるのにね。例の材料もあるし三刀流だわ。マザーズバイオのMVPはグニたんに決まりね💛

  • >>No. 16893

    > スゲー!  GN愛と関係ないけど!
    > 治験中のがん新療法 18人全員の腫瘍が6か月で消失 専門医「前代未聞」
    > こんな記事が どっかに出てたよー

    ★治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」
    2022年6月15日(水)15時30分 Newsweek日本版 以下抜粋。

    アメリカで行われた小規模な臨床試験において、参加者全員のがんが消失する結果が確認された。研究に直接参加していないがん専門医も、「前代未聞」の効果だと述べ驚きをあらわにしている。

    18人全員の腫瘍がなくなる展開は、治験を担当した医師たちの予想を超えるものだった。直腸がんを患うこれらの患者たちは、ドスタリマブを3週間隔で6ヶ月間投与されたのみだ。治験終了時に、診察、内視鏡、精密検査のPET、MRIスキャンを実施したが、いずれの手法でも腫瘍の存在が確認されなかったため完治と判断された。

  • まだ隠された材料の取材が足りませんょ(^^♪

    【先行負担】 中国の肺線維症は続伸、手術件数増で米国の人工骨も好調。が、中国営業部隊増強、米中の研究開発進捗で先行費用重い。前期の株売却益も消え営業益回復小幅。子会社金融費用重なり純益小幅減。

    【治験進捗】肺線維症薬は適応症拡大治験複数並走、腎疾患関連でも前進。肝疾患薬は米国の開発等で提携も模索。タンパク質分解誘導薬は今春待望の中国1相入り。

  • >>No. 16874

    >次はCullgenのINDの開示で、そして例の上場の大発表、最後に2Qの上方修正で株価も大爆発ってストーリーなのかしら💛

    上記、ちょっと忘れていることがありませんか。
    ほら、下記のことよ、いつ提携のニュースが流れても知らないですのょ。

    Q2 日本の市場では、どのように開発していきますか。
    回答 大変いい質問を頂きました。積極的にプッシュしています。ニュースが流れた時点で開示します。過去、株主様より提案もありました。今後も一丸となって善処していく。最近の相談回数は大幅に増えている。GNIグループも拡大して、チャンスは増えてきた。本日時点での案件もある。~~~。

    今夜の買いあおりはこれぐらいにしてこっと(^^♪

  • 早速、17:15、IRとして開示してくれましたね。
    株探も取り上げてくれましたょ(^^♪

    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月13日発表分)20:00 配信
    【好材料】  ――――――――――――
    ■ジーエヌアイグループ <2160> [東証G]
    中国子会社がじん肺治療薬「ピルフェニドンカプセル(F647)」の第3相臨床試験における最初の被験者を登録。

    明日は、ビジョナル、マクビー、サークスと共にマザーズを牽引してね💛

    がんばれGN愛って感じ(^^♪

本文はここまでです このページの先頭へ