ここから本文です

投稿コメント一覧 (1819コメント)

  • >>No. 19939

    今日はあらあら??の日でしたね。
    サンバイオの想定外ストップ安。
    グニたんのトピックス改革暴騰。
    >今の都政に満足とは驚きです♪

    あらまっどうしてそうなるのって感じ(^^♪

    まっいっか♪

  • サンバイオ、SB623慢性期外傷性脳損傷薬、条件付き承認、おめでとう💜
    森社長誕生日前に(6.23)承認、ほんとによかったですね💛

    2019年株価は12,730円、2024年380円まで落ちました。
    ここからテンバイオぐらいに頑張って下さい。

    バイオ株のPTSが動意づいている。
    明日はバイオ株の見直しがあればいいですね(^^♪

  • 今日は終日☔でした。ふぅ~♪

    あっちこっちのメディアが都知事選挙のこと。今一つその気が起きない。
    緑の古だぬきさん。学歴詐称。賞味期限切れ。
    白い噛みつき亀さん。二重国籍。産地偽証。
    赤かったきつねさん。東京弱体化。異物混入。

    だれかいい人いないかなぁ~。
    今回スルーですね、私の場合😍

  • >>No. 19934

    2024年末に臨床試験データが収集され、1億5千万人の患者に福音をもたらす。

    あと半年ちょっとですね。わくわくどきどきうきうきルンルンって感じ💜

  • 突然ですが、失礼します(^^♪
    2160ジーエヌアイグループは如何ですか?

    【急展開】 前期の開発提携一時金ないが共同開発収入継続。中国の肺疾患薬販売着実。米国の生体材料堅調。後半、販売権取得した肺疾患後続薬上乗せ。開発達成報奨金あれば上振れ。販売費、研究開発費増吸収。

    【中 国】 北京拠点で肺線維症後続薬ニンテダニブの販売権取得し早期発売へ。AI創薬でオルツ(東京)、投資事業のガバナンスパートナーズ(東京)と8月合弁設立。

  • 今日はグロース250売買代金21億円9位と久しぶりのベスト10以内。まだまだ少ない。1位はサンバイオの343億円。

    今日の2つのお知らせは、ここの掲示板では昨日の話題。ココ見てるの北さんって感じ(^^♪

    ここのところ、あのペプチと同じような値動きですね。両社とも優秀な数字。

    今日のペプチは2,257円+61.0円 (+2.77%)
    四季報スコア★★★3つ。成長性4収益性5安全性3規模3割安度3値上がり2

    グニたんは2,375円+85.0円 (+3.71%)
    四季報スコア★★★★4つ。成長性5収益性5安全性3規模2割安度3値上がり5

    両社の違いは何か?
    そうです💜時価総額2934億円のペプチに対し1187億円のグニたんです。

    どちらが割安かあなたなら??プライムの同じ土俵で勝負だわ。まっててね。

  • >>No. 19909

    kinさんどうもっ🎵

    バブル景気時の1989年に記録した高値を超えて、今年2月、約34年ぶりに史上最高値を更新した日経平均株価。その後に高値4万1087円をつけたあとは利益確定売りなどに押されて、足元では上値が重い展開となっている。

    ここからまた相場が上昇力を取り戻すかどうかは、国内株式市場で最大の投資主体である海外投資家の動向が大きなカギを握る。

    そこで今回は、6月17日(月)に発売される『会社四季報』2024年3集(夏号)(会社四季報オンラインでは6月16日1時に更新済み)の特集「巻頭ランキング」から、「外国人持ち株比率5年前比向上度ランキング」の一部を紹介する。東洋経済が半期ごとに集計している各社の株主データを基に、5年前と直近を比べて、外国人投資家が株式を買い増した企業をランキングにまとめた。(以下略)


    今日は朝から四季ちゃんdayです。最初にグニたん読むとなんだか他の銘柄は今ひとつって感じです。その成長が嬉しい限りです💜

  • >>No. 19909

    Kinさんどもっ💜

    四季報「夏号」で分析 ! 海外投資家が買い増した企業TOP50
    厳しい"お眼鏡"にかなったのは?
    山田 泰 2024/06/16 07:30

    バブル景気時の1989年に記録した高値を超えて、今年2月、約34年ぶりに史上最高値を更新した日経平均株価。その後に高値4万1087円をつけたあとは利益確定売りなどに押されて、足元では上値が重い展開となっている。

    ここからまた相場が上昇力を取り戻すかどうかは、国内株式市場で最大の投資主体である海外投資家の動向が大きなカギを握る。

    そこで今回は、6月17日(月)に発売される『会社四季報』2024年3集(夏号)(会社四季報オンラインでは6月16日1時に更新済み)の特集「巻頭ランキング」から、「外国人持ち株比率5年前比向上度ランキング」の一部を紹介する。東洋経済が半期ごとに集計している各社の株主データを基に、5年前と直近を比べて、外国人投資家が株式を買い増した企業をランキングにまとめた。(以下略)

  • >>No. 19908

    スナフキソさん有難う💜
    ホルダー必読って感じ(^^♪
    制限があるのか、一挙に貼付がうまくいかずごめんなさい💜

    新しい海外上場ポリシーの最初の株式であるContiniの背後にあるストーリー:革新的な製薬会社の上場経験の参考 鄭〇芳(チェン・ミンファン)
    06-15 09:03

    新薬が開発されるのは、それが患者さんの役に立つからです。
    上海と深センのIPO市場のブームが衰退した後、ますます多くの企業が米国市場への参入を選択しました。

    2023年2月17日、中〇証券監督管理委員会は、国内企業が海外上場のために通過しなければならないチェックポイントである「国内企業による有価証券の海外発行および上場管理のための試行措置」など、一連の支援政策を公布しました。
    2023年10月、北京コンティニ製薬有限公司(以下、コンティニ)は、CATALYST BIOSCIENCES, INC.(以下、CBIO)との合併により、米国NASDAQ証券取引所に上場し、中国証券監督管理委員会からバックドア届出通知を受けた最初の企業となり、海外上場届出規則の施行以来、間接的にNASDAQ取引所に上場しました。 株式会社(GYRE)。

    「カニを食べる」ことをいち早く取り入れたコンティーニは、中国証券監督管理委員会への提出書類を通過し、ナスダックに上場するまでに5か月を要しました。

    コンチニブの主力製品は、特発性肺線維症治療薬の革新的薬剤であるピルフェニドン(以下、IPF)で、現在の国内市場シェアは5%以上、収益性は2023年にそれぞれ7億9900万元と1億4300万元の純利益である。

    また、B型肝炎誘発性肝線維症の治療薬であるF351パイプラインの開発も進めており、現在第3相臨床試験が進行中です。

  • 革新的な製薬企業による「初の海外裏口申請」の背景には、コンティーニが米国における反循環型上場の過程でCSRC申請を無事に通過した経緯や、裏口上場で上場準備を進めている他社にどのような経験を与えたかが、外部からも注目されています。

    米国株式市場に参入した後、コンティーニは、競合するジェネリック医薬品の上場、新しいパイプラインの商業化、海外進出など、革新的な製薬会社に共通する問題にも直面することになります。

    これらの疑問を念頭に置いて、Wall Street Insight Tradewinds(ID:TradeWind01)チームは、Continiの会長であるLuo Ying氏との会話の中で答えを見つけようとしました。

    トランザクションの誕生
    2023年2月17日、国内企業の海外上場に伴い、従来の行政免許から出願管理に変更される新しい出願規則が施行され、出願手続きに合格していない企業の海外上場が阻止される可能性があります。

    海外上場の道筋は、一般的に直接IPOと裏口上場に分けられます。 2023年7月、Majestic Ideal Holdings Limited(以下「Xinjun Cashmere」)は、中国証券監督管理委員会への申請を無事に通過し、CSRCを通じて米国で上場した最初の国内上場企業となりました。

    しかし、それ以来、Xinjun Cashmireの市場への道のりに新たな進展はありませんでした。

    Xinjun Cashmireとは異なり、Continiはバックドア上場の道を選び、CBIOとの合併を通じてNASDAQ市場への参入に成功し、新しい海外上場申告規則が施行されて以来、バックドア上場の形でCSRC申請を通過した最初の企業でもあります。

    コンティーニのIPOへの道のりは、すべてが順風満帆だったわけではありません。 2022年以降、製薬業界の資金調達は徐々に寒い冬に突入しましたが、コンティーニは裏口上場を通じて上場することを選択し、裏付けとなる資金調達はほとんど行いません。 今後、資金調達環境が回復するにつれて、コンティーニがより多くの資金調達機会を模索するかどうかが注目されます。

  • Trade Winds:なぜ当時、裏口上場で海外進出を選んだのですか?

    ルオ・イン:一つは、私たちが今でも国際市場を非常に重視しているからです。 健康産業全体の市場規模では、米国が世界最大の市場であり、欧州連合と日本がそれに続き、中国が最も急速に成長しています。

    革新的な製薬会社として、いずれは国際舞台に出て行かなければなりませんし、海外上場しかできません。

    しかし、過去2年間、ウォール街、香港株式、A株市場におけるバイオメディカルセクターの全体的なパフォーマンスは悪く、上場後すぐに発行価格を下回る企業も少なくないため、海外の伝統的な方法でIPO計画を実行することは有益ではありません。

    そのため、比較的手っ取り早い逆合併で上場問題を解決でき、ブロックバスターの新薬開発に集中できます。 これまでのところ、リバース合併全体の結果には非常に満足しています。
    Trade Winds:上場プロセス中にサポートファイナンスを提供しなかった主な理由は何ですか? 市場環境と何か関係があるのでしょうか?

    羅穎:それだけではありませんが、私たちは過去に自社の収益性と持続可能な発展を強調してきましたし、会社の売上高と利益は過去10年間で成長しているため、資金調達の必要性はそれほど緊急ではありませんし、もちろん将来の資金調達の可能性を排除するものではありません。

    客観的に見て、昨年は本当に資金調達が大変でしたし、逆合併が成功した大きな理由の一つは、資金調達が不要だったことです。

  • Trade Winds:合併当事者であるCBIOはどのようにして見つけたのですか?

    羅穎:当時もチャンスはたくさんありましたし、合併相手の選定を手伝ってくれるアメリカの大手法律事務所も雇ったのですが、偶然に決まったんです。

    コロナ禍で海外に行く予定です。 当時は海外に行くのが本当に難しくて、上海から杭州まで車で行き、杭州から日本へ、そしてアメリカに飛びました。

    杭州空港の角を曲がったところ(角ではなく、当時の空港にはほとんど誰もいませんでした)で、アメリカの法律事務所からCBIOという会社があると教えてもらい、電話をかけてこの会社に行くことにしました。 24時間以内にアメリカに着陸し、飛行機を降りた後、この会社に直行し、2時間以上で意思を確認しました。

    なぜなら、それはすぐに決められるものだからです。 私は素早い決断が好きな人間です。 人生は限られており、物事を考える必要はありません。
    Trade Winds:CBIOの最も印象的な点は何だと思いますか?

    羅穎:まず、双方の意図は非常に明確です。 前後に考えるのに多くの時間が必要な場合は、それは悪いことかもしれません。

    2つ目は評価額で、両当事者が妥当な評価額を持っている必要があります。 逆合併・買収は、相手方がどれだけの価値があるのか、どれだけの価値があるのかを明確にする必要があり、非常に明確な評価が必要であり、誰もが同意します。

  • 3つ目は、一部の企業は株価下落の過程で多くの法的紛争を抱えているため、法的な紛争はあり得ないということです。

    4つ目は資金調達で、実際、M&Aを支援するために資金調達ラウンドが行われると、多くの逆M&Aは失敗します。 特に昨年の市場は、いかなる形態の資金調達も全くサポートしていませんでした。 今年は市況は持ち直しているものの、資金調達は依然として非常に厳しい状況にあります。

    貿易風:2023年3月末から、国内企業は海外上場のために中国証券監督管理委員会に申請する必要があります。 また、逆合併・買収で上場した最初の企業でもありますが、出願プロセス全体の難しさは何だと思いますか?

    羅穎:当時は、特に3月31日に施行された新しい規制を報告した後は、誰もが経験がなく、法律事務所は当時の運営方法を知らなかったため、申請期間はまだ比較的長く、約5か月でした。

    5月中旬から下旬に最初のドラフトを提出し、10月28日にようやくレコードが出来上がりました。

    難易度1はリスク分析で、中国では逆合併事業を行っているため、中国とSECの両方の要件を満たすためにリスクを分析する必要があります。 ただし、各社のリスクは異なり、現地の状況に応じて自社のリスクを分析する必要があります。

    難点2は、米国の上場規制についてあまり知らないことと、同時に学びながらやっていることです。 アメリカで弁護士とやり取りするだけでなく、自分でいろんな講座を受講する時間も必要で、取締役会がいつ、どこで開かれるのか、役員の給料はどうなのか、といった簡単なことは、すべてアメリカのルールに則っています。 サイバーセキュリティ、労働法、IRなどもあり、中国の法律や慣習を直接譲渡することはできません。 上場は双方が署名すればいいという単純な問題ではなく、多くの開示が必要であり、米国では承認書の要件が中国とは異なります。

  • Trade Winds:海外のバックドア上場を予定している企業にアドバイスをいただけますか?

    羅穎:双方の合併の意図は明確でなければなりません。 明確な意志がなかったり、M&Aの準備と資金調達を同時に行わなければいけなかったりすると、失敗しがちです。 特にバイオ分野では首都の冬という現状では、資金を調達しようと思っても必ずしも資金調達ができるとは限りません。

    ですから、資金調達が必要な企業であれば、まず資金調達の問題を解決する必要があります。 逆合併のターゲットはずっと待ってくれるわけではなく、ここでの国内出願は3ヶ月、SECは2ヶ月かかるので、資金調達がさらに2ヶ月遅れると、同時に行うことは可能ですが、合計7ヶ月になります。

    あまりに長く続くと、市場の状況が変わる可能性が高く、人材の入れ替わりもあり、基本的には黄色い状態になります。

    Trade Winds:当時、他の市場への上場は考えていましたか?

    羅穎:まず、香港で試してみましたが、ここ数年の香港の市場環境は非常に悪く、多くの企業が発行価格を下回り、その時点でヒアリングを通過しましたが、合理的な評価額で融資を受ける方法は本当にありません。

    A株の場合、全体的なペースは遅くなります。



    貿易風:今後、A株の審査スピードが加速し、香港株のバリュエーション環境が改善した場合、複数箇所への上場を検討するのか?

    羅穎:回復があれば、常にあらゆる機会を検討しますが、現時点では何も考えていません。 上場の目的は、自社の様々な出口を考えるのではなく、会社に発展の余地を持たせると同時に、株主に大きな利益をもたらすことであり、上場の目的は間違っているとは思いません。

    会社がうまくやれば、すべての場所があなたをリストアップすると思います。

    パイプライン「使用用」
    現在、コンチニルの主力薬はピルフェニドンで、主にIPFの治療に使用されています。

    特発性間質性肺炎、すなわち原因不明の肺線維症の亜型として、IPFは中国など多くの国で希少疾患であり、主要疾患よりも有病率が低いことが理解されています。 公開データによると、中国のIPF患者数は2015年から2022年にかけて217,000人から264,000人に増加し、年平均成長率は2.8%。

  • 現在、IPFの治療に使用できる薬は、世界にピルフェニドンとニンテダニブの2種類しかありません。 現在、コンティーニはニンテダニブを買収し、肺線維症の領域を包括的にカバーしています。

    しかし、課題は残っています。 現在、国内の食品医薬品局はピルフェニドンとニンテダニブのジェネリック医薬品の販売を承認しており、これもコンチニブにある程度の試験をもたらす可能性があります。

    開発中のパイプラインでは、B型肝炎による肝線維症の治療薬としてF351を進めており、現在第3相臨床試験が進行中で、世界で初めて承認された治療薬となることが期待されています。

  • しかし、B型肝炎の主な人口は中国やその他の発展途上国に集中しており、F351の輸出がある程度制限される可能性があります。

    これに基づき、コンティーニはF351の適応方向を脂肪肝による肝線維症に拡大することを計画しています。 これは、脂肪肝の予防と治療に重点を置いた一般的な減量薬GLP-1の現在の焦点とは少し異なります。

    F351がピルフェニドンの成功を再現できるかどうか、市場は見守っています。

    Trade Winds:同社の主力医薬品であるピルフェニドンは、今後、ジェネリック医薬品の競争にどう対処すべきだと思いますか?

    ルオ・イン:振り返ってみると、実はコンティーニ以前にも、間質性肺の病気は存在していました。

    当時の中国には薬がなかったので、医者がほとんどいなかったと記憶しています。 臨床試験を行う際、すべての診断は、それが本当の肺間質性疾患であるかどうかを判断するために、朱元傑教授(呼吸器業界のリーダー)に診てもらう必要があり、今日まで、この病気を正しく理解できる医師は、わが国の人口基盤に対して十分ではありません。 2014年以来、当社はさまざまな省での肺間質性疾患グループの設立、若い医師のトレーニング、さまざまな学会の開催に大きく貢献してきました。

    ですから、このプロセスでは、私たちの堀は、実はアイシルイの長期的な評判なのです。

    一方で、ワンストップサービスも行っています。 今年はニンテダニブのジェネリック版を取得しました。

    例えば、ある薬の効果に満足できず、別の薬を飲むのは普通のことです。

    そこで、私たちはワンストップで、世界でも手に入らない両方の品種を降ろし、肺線維症の治療薬を2つ持っている唯一の会社です。

    特発性肺線維症(IPF)は希少疾患であるため、患者にタイムリーなサービスを提供する方法が重要です。 競合他社はしばらく前から市場に出回っていますが、それでも市場の55%以上を占めています。

  • Trade Winds:なぜ当時、希少疾患を手がけることにしたのですか? 市場規模が限られていることを心配しませんか?

    ルオ・イン:これは非常に大きなテーマです。

    米国には希少疾患治療薬開発法があり、希少疾患の医薬品開発を具体的に奨励しており、製薬会社が開発コストを回収できるように、ドラッグデリバリー企業は非常に高い価格設定をしています。 また、中国は希少疾患の医薬品の認証を進めており、希少疾患の患者が医薬品を購入する機会を増やしています。

    ヒトの病気の分類の観点からは、過去には肺線維症という大きな病気が終わったかもしれないが、今は特発性肺線維症などがあるかもしれないので、主要な病気はますます詳細になり、すべての病気が最終的に希少疾患になる可能性があるので、希少な病気はますます増えるでしょう。



    貿易風:売上の上限を開くために米国に行くなど、海に行くことを考えたことはありますか?

    羅瑩:当社の肝線維症治療薬は、米国で第I.相臨床試験を完了し、第II.相臨床試験の準備を進めています。 当社の肝線維化治療薬が、今後の米国での臨床試験で良好な有効性と安全性を示すことを期待しています。

    米国での医薬品の開発はより高価であり、通常の企業では購入できないため、米国でこれを行うパートナーを見つけることも可能です。

    Trade Winds:同社の主力パイプラインであるピルフェニドン誘導体F351は、主にB型肝炎の肝線維症の治療に使用されていますが、当時、この適応症の開発をどのように考えましたか?

    羅瑩:この病気の治療法がないか、既存の治療法では臨床ニーズをまったく満たせないからです。 すでに多くの人によって作られている薬や、少し変わった薬は作らないし、それが会社の発展の方向性だとは思っていません。

  • 中国では、B型肝炎がさまざまな肝疾患の原因であり、脂肪肝、アルコール性肝と続くため、B型肝炎によって引き起こされる線維症の適応が選択されました。



    貿易風:B型肝炎治療薬の主な市場は中国ですが、今後どのように医薬品の販売スペースを開拓していく予定ですか?

    羅穎:将来的には、脂肪肝による肝線維症や他臓器の線維化の治療薬にも拡大する予定です。
    Trade Winds: 他の企業がGPL-1に取り組んでいるのを見ましたが、興奮したり心配したりしていますか?

    羅穎:GLP-1をやらなかったのは幸運だったと思いますが、比較的うまくいっている企業に加えて、後からやっている製薬会社も事業化の課題に直面する可能性があるからです。

    私たちの新薬開発の理念は、手に入らない治療領域を見つけ出し、患者さんが切実に必要とする薬を作ることです。

    もちろん、新薬を開発する目的は、競合相手を減らすことではなく、患者さんの役に立つ薬だからです。

    貿易風:有力な製薬会社が世界の多くの地域で臨床試験を推進すべきだという見方がありますが、これもコストが高いということですが、この問題についてどうお考えですか?

    ルオ・イン:これは非常に複雑な問題です。

    実際、例えば、どのような製薬会社が有力な企業なのか、というと難しいところです。 わが国の製薬会社は、海外の大手製薬会社と比べると、まだ十分ではないかもしれません。 現在の環境では、利益の高い企業だけがあえて海外に飛び込んで臨床を行っています。

    純粋な新薬開発は非常にリスクが高く、海外での成功率は20%です。 国内企業が20%の確率で利益を全て奪うのは非現実的です。

  • 貿易風:コンチニブの医薬品開発のコンセプトは、まだ商業化され、次のものへと進み続ける傾向があるというのは本当ですか?

    羅穎:はい、この種の進展は遅いですが、国情に合致しており、リスクは比較的低いです。 そんな儲けは出せないと思うので、この儲けでしかできないことはやりたくないですよね。



    貿易風:AI医薬品が市場の焦点となっていますが、企業はこの技術の適用を検討しますか?

    ルオ・イン:AIは確かに未来ですが、非現実的な期待を抱くことはできません。 ニュースでは、人々はとてもエキサイティングな話をしたがりますが、現実にはそのような話はほとんどありません。 これまで見てきたAI医薬品は補助的なもので、主眼として使うことはできず、本物の医薬品からはまだまだ距離が遠いです。

    AIの助けを借りて近道をして物事を迂回できると思っている人がいるとしたら、それは現在のレベルではあまり良くないと言えます。 しかし、将来的には一概には言えませんし、あと10年、20年もすれば、発展するかもしれません。

    AIが薬の化学構造を改良する成功例を見てきましたが、成功例も改良であり、独創的ではなく、非常に未熟です。

    AIに多くの時間を与え、見返りを期待してはいけないと思います。

    貿易風:現在の製薬業界では、まだ自己造血を実現していない革新的な製薬会社が資金調達を行うことが難しい状況にありますが、そのような革新的な製薬会社を買収する選択をされますか?

    羅穎:業界全体の環境が良くないときは、収益性の高い企業を買うチャンスです。 対象企業がお金を持っているのを待っていると、評価額ははるかに高くなります。 この期間に、景気循環に逆行する動きも含めて、いくつかの買収を検討することは、業界の多くの大手企業の戦略であるはずです

  • 会社にとって有益である限り、あらゆる行動を検討します。

    貿易風:国内の革新的な製薬会社が、医薬品の商業化の成功だけに頼ってお金を稼ぐことは困難です。 多くの場合、開発と投資を続ける必要がありますが、株主還元と設備投資の関係をどのようにバランスさせるべきだと考えていますか?

    羅穎:これは上場企業にとって最も重要な問題です。

    しかし、この問題をどう解決するかは、各社の状況が違うというか、株主の理解にかかっていると思います。 株主は、革新的な医薬品により多くの時間を費やすことができると感じており、主に株主の意欲に応じて、それが可能になります。

    したがって、革新的な製薬会社の利益を確保する必要があり、外部資金だけに頼るわけにはいきません。 同社は、新しいパイプラインを開発するために造血機能を必要としています。

    素晴らしい記事でした💛

本文はここまでです このページの先頭へ