ここから本文です

>>9877

日本でも外国人相手に商売するから英語必須という流れになるという事ですが、逆に現在は日本語を上手く話せない外国人が就職に困ってアルバイトしてるみたいですね。

通貨については日本円のままでしょうか?
世界中が移民国家になって、ドルが世界共通通貨になるとかキャッシュレス時代ですからクレジットカードと電子マネーで世界中通用するとか。
移民で日本の政治家が外国人だらけになって、米国寄りが中国寄りに変わる事も有り得るでしょうか?
韓国のように…

最後に、飲食店にとっては増税・物価高・人手不足とネガティブ材料豊富ですがどうでしょうか?
外国人ウケするような料理が良さそうかな?
経営者はやりがいあるけど難しい時代ですね。

  • >>9885

    こんにちは。

    >通貨については日本円のままでしょうか?
    世界中が移民国家になって、ドルが世界共通通貨になるとか
    キャッシュレス時代ですからクレジットカードと電子マネーで世界中通用するとか。

    将来的には共通通貨の可能性は有りますが
    それはまだまだ先ですね。

    国家体制も経済も物価も全て違いますので。

    おまけにその利権を誰が握るのかでも揉めますし、
    世界中の人間自体がもう少し賢くならないと無理ですね。

    お金の話だと最近ベーシックインカムとか
    MMT(モダン・マネタリー・セオリー)(現代貨幣理論)とか
    騒がれだしましたが、人々の理解が「お金」の本質部分に至るには
    まだ何十年も掛かると思います。

    それと個別の国々のキャッシュレス化の話でしたら
    今キャッシュレスは世界的な流れですので
    近い将来日本もそうなると思います。

    お年寄りは現金しか信じない。
    若い人はカードや電子マネーなどを使い出している。
    と言う事はこの「お年寄り」すべて亡くなったら
    今の若い人達が選んでいる世界になると言う事です。

    デンマークだと2017年1月に造幣局の閉鎖が決定されて
    新規の硬貨と紙幣の造幣を停止しました。
    更に2030年には紙幣の使用の完全廃止が決定しています。

    人によっては既にスマホ決済とかでなく、
    腕の中にに専用チップを埋め込んでそれで決済している人まで居るくらい
    キャシュレスが進んでします。

    もうサイバーパンクの世界ですね^^

    これどうして政府が電子化を進めているのかと言うと
    一つが脱税対策、そしてもう一つが
    電子化にすると「お金を使用する時の敷居が低くなる」からです。

    財布から硬貨や紙幣を出す時に
    実体のある現物だと減るのが見た目で分かるので
    そうすると人間は消費行動が抑制されるんです。

    しかしそれがスマホ決済などだと数値が減るだけなので
    気軽にお金を使ってしまうと言う事ですね。

    まぁ単純な話これも行動心理学上は
    消費行動を取らせるマインドコントロールの一つです。

    続く・・・

  • >>9885

    >移民で日本の政治家が外国人だらけになって、
    米国寄りが中国寄りに変わる事も有り得るでしょうか?

    それは当然有り得ます。
    米国でさえ先日までサンフランシスコ市長が中国人だった訳ですから^^

    日本だって民主党がもう少し賢く
    そしてまだ民主党政権が続いていれば
    総理大臣が今頃蓮舫さんだった可能性もある訳です。

    また中国共産党がこれからは日本と協力して行こうと
    政治方針を変えれば中国人も日本人も簡単に洗脳され
    そのような動きになります。

    過去「日中友好」で日本に協力的だった中国が「天安門事件」以降、
    中国共産党に向かう批判を避けるために「反日教育」を初めて
    中国人の意識を外に向かせて
    それで中国人と日本人がころっと洗脳されたように
    今度はまた「日中友好」に方向転換すれば
    また同じ様にころっと洗脳されます。

    「日本人が嫌い」と言われれば日本人だって「その国を嫌い」となり
    「日本人が好き」と言われれば日本人だって「その国を好き」となるでしょ。

    至って単純で
    これをメディアが四六時中テレビや新聞で垂れ流すと
    簡単に国民はコントロール出来るんです。

    ですのでこれは移民問題抜きにしても普通に有り得ます。

    それと外国人の政治家進出のネタだと
    先月の東京の区議会議員選挙で
    インド人のラニク・ヨゲンドラさんが当選して
    区議会委員になっています。
    ttps://www.asahi.com/articles/ASM4Q5DCHM4QUTIL03F.html

    この地区は2014年位はインド人2000人位だったんですが
    今4300人以上になっているので、今後も更に増えてくるのではないでしょうか。

    当然中国人・韓国朝鮮人は更に多いです。

    結局「民主主義」は「多数決」で決まりますので
    外国人の数が増えてくれば法律を変えない限り抑える事は不可能なのです。

    あと中国人も韓国人も若い人達の考え方が
    そろそろ変わってくる時期だと思いますので
    今までの年寄りの中国人・韓国人と同じだとは考えない方がいいです。

    環境が変わると人間の思考は勝手に変わりますので。
    多分ここでも世界の「日本化」が進むと思います。

    続く・・・

  • >>9885

    >最後に、飲食店にとっては増税・物価高・人手不足とネガティブ材料豊富ですがどうでしょうか?

    まぁ「ダメな店」と「良心的な店」は自然淘汰されるのではないですかね^^;

    ここで言う「良心的な店」とは学生とか貧乏人の為に
    もう何十年も値段を上げずにいるような店。

    残念ながらこういう「良心的な店」は何れ消滅すると思います。

    この手の店は、店主がもう高齢で自分が死んだら店が終り
    だから自分の体が動く間だけ無理しても低価格で頑張ろう。
    ・・・と言うパターンが非常に多いのです。

    ですので増税すれば「良心的な店」程消える可能性が高いです。

    本当に残って欲しい店が消えて、消えて欲しい店が残るって
    ほんと最悪ですね^^;


    >外国人ウケするような料理が良さそうかな?

    日本食を外国人に提供するのなら良いですが
    外国料理の場合は、
    外国人が自分達で料理屋を始めると思いますw

    まぁこれはこれで日本に居ながら本場の味が楽しめて
    宜しいのではないでしょうか。

    只日本人の口に合うように調整すると思いますので
    完全な本場の味とはいかないでしょうね^^


    >経営者はやりがいあるけど難しい時代ですね。

    「仕入れが存在する仕事」は非常にリスクが高いですね。
    その中でも「飲食店」が一番リスクが高いと思います。

    売れなければ仕入れの材料が全てゴミになってしまい
    つまり「時間」が敵になってしまうのです。

    更に「立地場所」が非常に重要になります。
    良い場所であれば賃貸料が高く、悪い場所であればお客が来ません。
    そして1度でも「食中毒」を出したらそれだけで終りです。

    余程の勝算がなければ避けるべき職種ですね^^;

    ですのでこれを行なうには「お金の為だけ」でなく
    「料理を作るのが好きだから遣っている」・・・とか
    「お客さんの喜ぶ顔が見たいから遣っている」・・・など
    プラスアルファの別の理由が必要だと思います。

    「賃貸料(店舗)」と「在庫」と「人件費」が一番の足かせになりますので、
    出来る限りこれらを持たない職種が低リスクで良いのではないでしょうか^^