ここから本文です

>>9885

>移民で日本の政治家が外国人だらけになって、
米国寄りが中国寄りに変わる事も有り得るでしょうか?

それは当然有り得ます。
米国でさえ先日までサンフランシスコ市長が中国人だった訳ですから^^

日本だって民主党がもう少し賢く
そしてまだ民主党政権が続いていれば
総理大臣が今頃蓮舫さんだった可能性もある訳です。

また中国共産党がこれからは日本と協力して行こうと
政治方針を変えれば中国人も日本人も簡単に洗脳され
そのような動きになります。

過去「日中友好」で日本に協力的だった中国が「天安門事件」以降、
中国共産党に向かう批判を避けるために「反日教育」を初めて
中国人の意識を外に向かせて
それで中国人と日本人がころっと洗脳されたように
今度はまた「日中友好」に方向転換すれば
また同じ様にころっと洗脳されます。

「日本人が嫌い」と言われれば日本人だって「その国を嫌い」となり
「日本人が好き」と言われれば日本人だって「その国を好き」となるでしょ。

至って単純で
これをメディアが四六時中テレビや新聞で垂れ流すと
簡単に国民はコントロール出来るんです。

ですのでこれは移民問題抜きにしても普通に有り得ます。

それと外国人の政治家進出のネタだと
先月の東京の区議会議員選挙で
インド人のラニク・ヨゲンドラさんが当選して
区議会委員になっています。
ttps://www.asahi.com/articles/ASM4Q5DCHM4QUTIL03F.html

この地区は2014年位はインド人2000人位だったんですが
今4300人以上になっているので、今後も更に増えてくるのではないでしょうか。

当然中国人・韓国朝鮮人は更に多いです。

結局「民主主義」は「多数決」で決まりますので
外国人の数が増えてくれば法律を変えない限り抑える事は不可能なのです。

あと中国人も韓国人も若い人達の考え方が
そろそろ変わってくる時期だと思いますので
今までの年寄りの中国人・韓国人と同じだとは考えない方がいいです。

環境が変わると人間の思考は勝手に変わりますので。
多分ここでも世界の「日本化」が進むと思います。

続く・・・