IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ウーバー、配車需要の指標が1年ぶり高水準-ワクチン接種増が追い風
4/13(火) 1:28

(ブルームバーグ): 米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズでは、業務需要の指標が3月に1年ぶり高水準となった。12日付の規制当局への届け出によると、配車サービスを担うモビリティー部門のグロスブッキングは3月に300億ドル(約3兆2800億円、年率換算)を上回った。1日当たりの平均は前月比で9%増。
配達部門の3月グロスブッキングは前年から150%余り伸び、年率換算で520億ドルを超えた。12日の米株式市場でウーバーの株価は前週末比で一時5.4%上昇した。
ウーバーによれば、配車需要は運転手登録を上回るペースで回復しており、食事配達サービスの需要は引き続き配達能力を超えている。同社は先週、米国における運転手の新規登録や再契約を目指し2億5000万ドルを投じると明らかにした。