ここから本文です

ARMの売上高について、

決算説明会、ARM事業に対する孫社長の説明では、売上高を伸
ばそうと思えばできるが今は押えているとの発言でしたね。


>孫社長の要旨
売上高は、ある意味われわれのさじ加減次第。
さじ加減というのは、例えばマーケットシェアが、スマホで99%
を超えている状況なので、売上は「いくらの値段にしたい」と言
えば、それなりの影響力を持ってやることができる。
しかし今は、あまりがめつく「取り」に行っていない。しかし、
出荷数は28%増なので、着実に伸びている。
今はむしろ先行投資の時期であり、アームは工場を持たないので、
最大の投資はエンジニア。その先行投資として、とくに技術関連
の従業員数は前年対比で25%増えており、相当いける。<