ここから本文です

「資金交付で生き伸びているゾンビ企業」

福島第1原子力発電所事故の賠償資金として、原子力損害賠償・廃炉等支援機構から資金交付で、累計約8兆8200億円となる。

公に粉飾数字を掲げて営業をしているに違いない。本来なら、債務超過で問答無用に市場から退場の身である。