ここから本文です

>>1018

どうでしょうかね
3月の時は菅のバカモノの料金値下げ懸念が配当落ちとダブルで悪材料が重なって大きく株価を下げましたが、普通は配当落ちだけなら1日2日下がった後また株価が上がるケースも結構あります
しかも今回は10月楽天の参入で楽天に流れる客の状況次第で好材料にもなりうるし悪材料にもなりうる
このように先の読みにくい時は株は一旦手放さずガチホで正解でしょうね
一旦手放して利確で様子を見て再インする人は少ないと思いますが
ましてや野村で公募の人は手数料が高いのでそんなことはとても出来ないです