ここから本文です

>同じ騙しネタで株価は最安値から200円超も騙し上げした。しかも窓を2か所も開けて!846円-851円・717円-722円。3年も使用し続けた古ネタで窓を閉めない訳がない。

やはり800円も崩れたか…。
本銘柄はプロの格付け機関でさえ、下方修正を余儀無くされるほど、不透明感の強い企業。個人株主の思惑や、願望で株価/業績予想をするのは無謀極まりない。

スタート当初のイッコー買収は、元々livedoorの金貸部門を仕切っていた藤澤のオハコだが、ビットコイン事業はズブのド素人。増資価格半値3年超の会社が起死回生の一手としては、あまりにも突発過ぎるというか幼稚。所詮、金貸は金貸。それが本業。それで良いじゃないか…それで成長したのだから。元々、大規模な増資目的にビットコイン事業は無い。韓国もインドネシア事業も柱では無かった。株価低迷の根源は当初の増資目的が崩れた悪循環。ここのホルダーは、腫れ物に触れるかのように希望的観測で肝心な部分を隠し続ける。私が思う「藤澤の行いと大差ない」という発想はそこにある。この3年超…企業も株主も成長せず、時間は止まったまま。アベノミクス、今後のオリンピックの恩恵も得られないまま無駄な時を過ごすだろう。マサオ氏のいう無念・後悔・恐怖とは、恐らくそれにあたるだろう。