ここから本文です
62

Taro 様子見 3月27日 20:46

 期末権利落ち日の今日の相場だけとって見ると、
配当+株主優待(100株だけ保有限定)≒2750円X0.8+1000=3200円に比べ
11000円も減価。
チャートを検証すれば、解るだろう。
川野商事が株を売却したのは、下落することを十分に予測していたのだろう。

  • >>62

    Taro様
    ここのところの下落は確かにキツイですね!
    お互いヤオコーの将来を期待しましょう・・
    ところで、以下調べて見たのですが、川野商事はいつ売却したのでしょうか?

    ヤオコーの総発行株数は40,013,722株です。
    川野グループ及び一族の
    所有株数及び(保有割合)は、2017年度は17,620,190株(44.04%)
    ・・・・・・〃・・・・・・、2018年度は17,592,190株(43.97%)
    確かに28,000株=0.07%(2018.12.6提出変更報告書)減っております。
    少ない株数ではないにしろ、決して大きな株数でもないと思いますが?

    そこで、川野商事だけの保有株の推移を調べると、
    2014年度の保有割合は17.74%、2018年度は19.55%で1.81%増えております。

    ※上記の数字は、ヤオコーが金融庁に提出した変更報告書を参照

    ひとり 穴リスト