IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

東証1部上場の金属商社「佐藤商事」は、100%出資子会社の「植木フォーミング」(東京都昭島市)を解散および清算すると発表しました。

2012年10月に民事再生法の適用を申請した「植木鋼管」の事業を継承する目的で設立された同子会社は、金属製デッキプレートなど建築材料の製造・販売を主力に事業を展開していたものの、原材料価格の高騰や運賃費用の増加などから収益が低迷傾向にあるため、今後の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

2015年3月31日付で同子会社にて解散を決議する予定で、連結業績への影響は軽微とのことです。