ここから本文です

三井物産は資源価格前提の見直しを反映し、業績予想を上方修正。今20.3期の鉄鉱石価格の前提を88ドル/トンとし、Valeからの受取配当金の復活(100億円)を織り込んだ結果、今20.3期当期純利益は5000億円と予想。1Qには高い鉄鉱石価格を反映した好調な業績、上期には会社予想の上方修正、3Qには500億円の自社株買い、4Qには新中計と株主還元強化が発表されると予想され、今後四半期ごとにポジティブなカタリストがあるとの見方を示した。
3Qには500億円の自社株買いします
4Qには株主還元強化