IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>538

豪での水素事業 豪州は石炭 LNG 等の化石資源が今後先細りになる懸念から 水素事業を国家を挙げて取り組む方針にあり 伊藤忠の参画も大きに歓迎すべきだ  ただ今回の参加の事業規模は830億円程度と水素事業としては比較的小規模であり 今後へのまずは手始めということと 考えられる

ちなみに 日経が昨年12月11日の朝刊で伝えた 豪マッコーリグループの事業規模は 原発6基分の発電所燃料に相当する年175万トンの生産を目指し 石炭や天然ガスに次ぐ輸出資源に育てる狙いから豪州政府も支援するとされ 香港の6倍に当たる6500平方キロメートルの敷地に風力や太陽光による発電機2600万キロワット分の新設を計画する。総事業費は360億米ドル(約3兆7千億円) 桁違いの大きさだ

いずれにせよ 商社各社の水素資源確保での争いが 今後激しくなるのは必然であり 注目される