ここから本文です

>>2225

公式の数字以外では1番株価に影響を与えるのはNPDだと思います。
NPDの数字に係数をかけると決算の数字も大まかに予測できるからです。
4月のNPD結果がどう影響したか、記憶に新しいかと。

米アマゾンのランキングは実際の売上データとそれほど合致していないと思われます。例えば
4月の月間米アマゾン売上ランキング(100位まで)では
NS 15位、31位
PS4 33位、44位、82位
XB1 36位、53位

に対しNPDだと
NS 17.1万台
PS4 32.6万台
XB1 13.4万台

NPDの年間売上ランキング(米アマゾン年間ランキング)
The best-selling games of 2018 so far
1.Far Cry 5(31位、47位)
2.Monster Hunter: World(21位、86位)
3.God of War 2018(6位)
4.Call of Duty: WWII(40位、65位)
5.Dragon Ball: Fighterz(圏外)
6.Grand Theft Auto V
7.NBA 2K18
8.MLB 18: The Show
9.PlayerUnknown’s Battlegrounds
10.Mario Kart 8(10位)

となりハードはアマゾンランキングが上位のスイッチがPS4の半分弱。
ソフトはDL数を考慮しないアマゾンのランキングとはかなりの違いが有るのが分かります。

  • >>2681

    おっしゃる通りで、アマゾンランキングはトレンドや勢いを見るには適しているのですが、実際のランキングとは乖離がありますね。
    特にPS4は、switchと比較するとダウンロード売上比率が高いですしね。
    一方で、NPDのソフトセールスランキングについても、任天堂ソフトに関しては、”No digital sales included in ranking”との注意書きが付されていますので、こちらも実態を表わしていないように思われます。
    ダウンロード売上比率の高まりや任天堂自体もニンテンドーストアでハード、ソフトの直販を始めたこともあり、昔と比べるとNPD、メディクリなどのデータをもとに売上を推計することが難しくなってきました。