ここから本文です
  • >>1055

    いやいや、単に相場を買い支える方が都合がいいスケベがいるから、一直線にまたしても下降線とは限らないんだよね。
    ただし、今の時期に上がるとは思えないのは事実だね。
    8月の商業統計確立は、クリスマスの動向を占う指標なんだけど、数字はまだ出るはずがない長期休暇時期だからね。
    まあ、私はおもちゃ小売店で、17日期限で数字を、その筋に報告するんだが、盆休みを満喫した風上の社員が手始めに集計するんだよ。
    私が休まず働いた成果の分析はそこで出る。
    業界全体で100パーセント割れはおそらくないだろうが、集計前の個人的見解だ。
    いまだ、業界全体では大きな伸びはないだろう。
    商品供給が7月に寒波の混乱の調整から抜け出したばかりだからね、おもちゃ業界でT2は今年も有望だとみなされているのは相変わらずだよ。
    シェアの変化は読み取る要素がない。
    この局面で懸案なのは、一定のシェア以上に墜落しないバンナムの底の硬さと、気を吐くT2に挟まれて、中堅以下のメーカーの経営弱体化だよ。
    おかげで業界再編には、非上場企業の身売りと身受け先の話も早々と出ている。
    T2が良縁の企業を救済した場合、銀行家が資金調達のための株価工作をするという、過去にバンナム系に見受けられた幸運もありうるだろう。
    内部動向であって、今すぐどうとか動かないから、100年経過するまで寝てたらどうかね。
    いい夢が見れるだろう。