ここから本文です

泣き寝入りしてきた高額解約者が山ほどいると思われ、
訴訟を募集する弁護士グループが現れるかもしれませんね。
そうなると訴えやすくなるので、数百人~数千人規模で出てくるかも知れませんね。