ここから本文です

サイゼリヤの安酒を大量に飲みたくなって店に行った。マグナム(白)が置いてあるテーブルがあるので、グループで飲むのかと思って見ると、夫婦らしい二人連れだ。適当に料理を並べて飲んでいる。一時間ぐらいしたら、今度は赤のマグナムを注文して飲みきっていた。飲む量には驚いたが。一方で、こんな利用法がサイゼリヤの目指すところなのかも知れない、とも思った。

  • >>325

    ご参考までに、おれの使い方も。
    昼はつれあいと餓鬼どもつれて、賑やかに。
    夜はひとりで。
    真っ先に500の赤のデキャンタに、真イカのパプリカソース、ほうれん草のソテーを注文、ちびちびやるのさ。
    摘みがなくなったらばいよいよ、リブステーキを頼む。こいつも、最初に小さく切ったのちは、赤でちびちび流し込む。500が空いたときには、ダブルレモンのサワーが待っている。
    この間、終始、たとえば野崎歓の『赤ちゃん教育』など、文学的名文をも味わいつつあるのだ。
    締めて1時間ちょっとくらいかな。至福の時間なんだ……

    大部分を優待券で支払うというのが、なぜだかためらわれるもので、三分の一ほどは現金でになります。どうも…… 小心なんです……