IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2843コメント)

  • おいらが若かったころ、
    埼玉県庄和町といえば
    リズムの大きな工場だった
    居酒屋ーーよっちゃん、だったかなーー
    よくも呑んだものだ
    南桜井駅
    懐かしいね……
    その懐かしさの幻影に負けて、
    大きくここを買ったのだった

    やけに動かないね、
    業績も上向くらしいし
    そろそろ4桁に向けて動き出してえなあーー
    むかしのよしみだ
    頼むよ!

  • >>No. 403

    「パーソナルiPSの一般販売開始は、4月中旬の予定だと既にアナウンスされてたと思うので、明日あっても全然不思議ではないです。」

    仰せのとおり。

    (パーソナルについては、販売開始、当初発表より遅くなりましたが、
    変異株対応PCR検査がマスコミで扱われ、多少は知られるところとなったリプロ、
    結果的にこれからでよかったようです!)

  • >>No. 536

    「これだけ出来高少ないと」

    「ある内に売っておくか」

    これが「考え方のひとつ」?
    考えの筋道がまるでみえないんだが……

  • 場中にIRを
    とか
    もっと頻繁にIRを
    などいってるひと、けっこういるが

    ーーじつにウザいね

    どうでもいいよ、
    IRなどむしろ、肝心なところを、これまでどおりほぼ定時に出してくれたがいいーー

    長期の目線において、
    ーーこれまでどおりが
    ーー安定している

    短期の意見、シカトでかまわん

    実績にまつわることーー期待だね
    そここそが
    こんご
    これまでとは
    違ってもこよう

    〈小手先のなんたらーーいらねえーー〉

  • まあ、社長、器用なほうじゃあないですよねw
    でも、ーーそこがいいところでもあるか

    こんどの決算、ほぼ達成したらばそれは奇跡、ネット上で大いに褒めて、ーー褒めて褒めて褒めまくりたい
    そのくらいに考えています

  • 追記)
    個人的には、会社計画に肉薄するものでありさえすれば、こんどの本決算は大いに大いに御の字です。
    問題は それから であり、期待は それから 、なのです。

  • 近々ある決算、もちろん赤字ですね。
    (計画以上の赤縮、それまでに上方修正もあり得ないではないけれど……)
    要は決算で今後をどう語るか。
    同じことをいうんでも、語り口によって投資家へのアピール度はまったく異なってきますーー

    リプロは正念場を迎えているーー

  • 「良さを気づいてない人がたくさんいるだけ」



    ほんとうにそうですね!
    スタンダール『赤と黒』(野崎歓・訳)上巻の終わりにある、スタンダールが英語で記したことば、

    ーーTo the happy few (幸福なる少数者に)ーー

    これはいま まさに
    われわれへのことば です!

  • しばらく前からのリプロセル、
    会社創設以来、いちばん希望が持てる状態を絶えず更新しつづけている。
    その割には、(株価的)人気はないけど(笑)。
    横山周史社長、体にだけはお気をつけて!
      ーーTo the happy fewーー

  • どう解釈すればよいのだ
    おお、神よー
    神よー
    教え給え

    おれがこのゴキブリ会社を救うべきなのか
    おお、神よー
    神よー
    教え給え

    ああ、人類の
    人類のー
    永遠平和のためにー
    あ〜あの花くそのためにー
       〈あ〜あの言葉 より〉

  • 安全性及び有効性を示唆する結果が得られているのは、より正確にいえばⅡa(Ⅱの初期試験)まででしょう。当然今後も、安全性有効性ともに検証が続いてゆく。

    ステムきたー、と誰だかのコメがここにあったから、
    色めき立ってIRをみてみれば、
    これもどなたかのいう「既視感」だったかなあー
    まあ、順調な進捗の報告IRだ、むろん悪いIRではない、よしとしよう…

    I Rについての姿勢は、横山周史社長のものといってもいいのでは。短期のひとのことはまったく眼中にはないよね。経営者として、ある意味、正しい態度だ。ワイも、肝心な時にガツンと出してくれればええよ。
    肝心な時ーーこれはこれからつぎつぎとやってきそうだ!

  • 市場の受け止めもそのひとことに似ていただろう。
    本当はジツのあるいいIRでした。
    (日本での実績やインドでの見込み等、書ける範囲で書いたなら、もっと株価は上がっただろう、
    でもどうでもいいよ、
    いずれはどうせ上がる、
    おれの気になる数字も大きく超えていく)

  • それが実感ですよねえ、わたしももう7〜8年の保有になります。
    ステムについては台湾IIの結果報告がいまだ来てないのでしょうね、来たらば、結果はどうあれ、迅速に、ですね。
    いい報告を切望します。
    パーソナルについては、市場への販売はこの4月からになっちゃったのですよね、売れゆき等については、効果的に開示していってほしいですね。
    風通しをもっと良くして……

    いい報告を
    待っています!

  • 追追追記)
    こういったことが積み重なっている

    これまでになく、積み重なっている
    これは横山周史氏のクレバーなところだろう
    ホントは、ほぼ計画通りなのか?!
    追い詰められようというところで

    ーー勝ち上がる、まさに勝ち上がる陣形になっている!

    お見事!

    とはまだいわない

    やってくれ!

  • 追追記)
    ステム、パーソナル、…インドもそう
    ーーこういったことが積み重なっている

    黒字化、しかも大幅な黒字化が現実としてみえるものとなってくる→この時点で相当に株価上がってくる

    現実に黒字達成→むろん爆上がりだろうが

    それも、猛烈な黒字化

    すごいことになる
    (その可能性がいま、そうとうな高みにある)
    こわいね

  • 追記)
    株価を「すぐに」上げるIRだけが嬉しいのではない
    (まあ、もちろん、このたびのIR、もっと株価に訴え得る組成の仕方というものもあっただろう、ーー当方は、まあそれも些末事項と拘らんがーー)

    将来益々有望な米企業から、日本での販売実績が評価されたんだろう、大国インド巨大市場での独占販売を許された(それは数億の売上へと繋がってゆく公算あり)だなんてーー

    株主としうれしくないわけがないよ

    (短期のかたはまた別の基準をお持ちでしょう)

  • 古くからの多くの株主にとっては、とんちん※※な意見かなあ
    株価が上いったり下いったりは当たり前で、さすがに一喜一憂しませんわw
    インド販売IRでグーつと上がるなんて全く期待してなかったよ
    ただあれ、もちろん良質なIR
    日本ではどうやら四半期だけで少なくとも数千万は売り上げている
    独占販売となるインドで年に数億売り上げるというのも現実離れした話ではない(この辺はホントはIRでもっと示すべきだったとはおもうよ、リプロの、そのヘンは甘さかな)

    待って待って待っているのは
    ステム絡み、パーソナル絡み等の
    売上激増が現実的にみえる
    ステキなIRだよ
    もう近いだろう…

  • ありがとうございます!
    さすが、勘所をおさえていらっしゃるー
    ホント、冗談抜きで、3億 目指してほしいですねえ!

  • 追記)
    IR、いいね
    「独占」販売契約っての、いいね
    日本において販売好調のことにも触れておけばもっとよかったのになあーー
    そしてこんごには、売上はこのくらいを狙っていくなど、もっと踏み込んでもよいのでは…

    ところで、どなたか、
    日本でAxion社製品販売好調の旨のリプロ発表、具体的にどこに記載されているのか、教えてくれませんか。決算書だったらどのヘンですか?
    このたびのIRに「高く評価され」とあることからも好調であることは匂うわけですが、確かなものとして認識しておきたいのです。
    日本で好調であればまた、インドでも好調となるであろうと当然推測もでき、とても嬉しい。研究支援、創薬支援機器としての売上、激増させて〜w

    (「販売好調」との文言に行き当たれないという、へんなドツボにハマってしまったーー)

本文はここまでです このページの先頭へ