IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

J-CASTニュース
ニュース
経済
「自動ブレーキ義務化」で世界リード? 国交省方針の狙いとは
2020年01月05日07時00分

国土交通省は2021年11月以降に販売する新型の乗用車に自動ブレーキの装着を義務付ける。
2019年6月、国連の「自動車基準調和世界フォーラム」が自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ=AEBS)の国際基準をまとめたことを受け、日本が世界で最も早く乗用車へ自動ブレーキの装着を義務づけることになった。

自動ブレーキの導入はすでに広がっているが(イメージ)
「世界に対するメッセージ」
赤羽一嘉国土交通相は2019年12月17日の閣議後記者会見で「歩行者も検知して自動でブレーキを作動させる衝突被害軽減ブレーキを世界に先駆けて、2021年11月から段階的に新車の乗用車などに義務づける方針を決定した」と述べた。
国交省によると、国連の国際基準が決まったことを受け、欧州が2024年前半の義務化を検討するなど各国で自動ブレーキの導入が進む見通しだ。赤羽国交相は「我が国の自動車産業界が、まず先進的なものを取れ入れ、国としても義務化するということは、世界に対するメッセージでもあるし、波及効果がたいへん大きい」と期待感を表明した。