ここから本文です

調査会社のIHSマークイット(IHS Markit)は英国時間の8日、4K/8Kの高精細テレビ市場動向に関する分析白書「4K TV and UHD: The Whole Picture」を公開した。
地域ごとの4Kテレビ出荷台数予測などを元に、2020年にかけて4K/8Kテレビは中国市場が中心になるとの見方を示している。
中国における'16年の4Kテレビ出荷台数は2,500万台を突破。2020年までには、その2倍近くの4,400万台まで伸び、西欧と北米の合計と同等になると予測している。
西欧における'16年の4Kテレビ出荷台数は約800万台で、'20年には1,900万台への増加を見込む。北米はその約2倍の規模で、'16年の1,170万台から、'20年は2,590万台へ伸びると予測している。

頑張れ!8K!テリーゴーHAYAKAWATOKUJI親衛隊!!!