IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

部品事業は、日頃の消費生活にまったく関係ないので見落としてましたが、中長期に有望なことが分かりました。クルマや家電製品、ドロンなどに日本電産製品がいろいろと採用されていたんですね。