ここから本文です

>>69

・来季予想が減収減益だから。
・そもそも単体で営業赤字が何期も続いている=本業がおかしい=市場での評価が低い。
・故に株価低迷で引き受け先がほぼ100%儲かるスキームのMSワラントですら捌けなかった。10億調達予定が2億で終了。
・その一方で前澤自身の発表を鵜呑みにすれば来季は設備投資で10億支出予定に変更無し。
・決算短信を読めば誰でもわかる通り、形の上で数年間利益が出ていても、2000年代後半から決して消えない文言「引き続き厳しい事業環境・・・」が全セグメントに残ったまま。経理の人間やIR担当者は良心が咎めるんでしょうね(笑)。