ここから本文です

ダイキン工業<6367>が反発。同社が船舶用の空調システムでも攻勢に出ると、日本経済新聞が8月14日付けで伝えている。

 舶用空調の環境規制強化を見越し、温暖化への影響が小さい独自冷媒を前面に押し出すもの。淀川製作所(大阪府摂津市)で作る冷媒「R407H」の国内外での採用拡大を目指す。陸上で多く使う冷媒を配合し、米デュポンなどと比べてコストも抑制。エンジンの振動や船体の揺れ、塩害などに耐えられる空調機器と組み合わせ、海外勢に対抗すると報じられた。