ここから本文です

「身のまわりの一切や青空が全くぼくの魂の中に、まるで恋人の面影のようにやすらう。ーそんな時に万感胸に満ちて、こう考えるのだ。ああ、こんなにもゆたかに、こんなにもあたたかく己の中に生きているものを表現することができたらなあ。」
『若きウェルテルの悩み』ーゲーテ「『高橋義孝訳」』o(^-^o)(o^-^)o