ここから本文です

こんなやつかなアサカ理研がS高、米アップルのレアアース採用で思惑台頭
2019年9月19日14時18分
シェア
ツイート
list
ブックマーク
0
メール
印刷

[PR]
 独自技術を使った電子部品からの貴金属回収・精錬を行っているジャスダックのアサカ理研(5724)が急反発した。午後1時53分現在、制限値幅上限の前日比300円(21.82%)高の1675円ストップ高比例配分で推移している。 特に個別で新規の好材料が発表されたわけではない。ただ、米アップル社が現地18日に新型「ⅰPhone」の主要部品に、再利用したレアアース(希土類)を採用すると発表しており、市場ではその調達先に当社が入るのではないかとの思惑が台頭しているようだ。 8月には米中貿易摩擦から、中国側が報復手段としてレアアースへの貿易規制を発表するのではないかとの思惑から、急騰した経緯があり、時折、突飛高する習性がある。

https://low-theme.com/rare-earth/

5724 - (株)アサカ理研 こんなやつかなアサカ理研がS高、米アップルのレアアース採用で思惑台頭 2019年9月19日14時18