ここから本文です

日経が久しぶりに2万円を超えたのに、当株は、2.4円下落。どうにか320円をキープできたが、どうしてもう少し動けないのだろうか。配当性向をアップする等株主対策を少しは採っているが、経営陣は株主の利益を本当に考えてくれてているのだろうか。経営陣にとって最も大事なのは、会社の安定経営や、会社の長期ビジョン、すなわち、利益を研究開発に、老朽化した設備の更新、従業員の教育や技術伝承、グローバル化への投資などに利益を優先的に回してるのは理解できるが。
経営陣は、株主は二の次と思っているのだろうか。 それで、投資家、いや投資屋は長期投資より、下で買って上で売っての短期投資の繰り返しの方が利益を出しやすいと。・・・・よって上値が重いのではないだろうか。