ここから本文です

2018年は東証1部の500社余りが上場来高値更新した上げ相場だった
オハラ 1月18日 4,330円
イソライト 2月2日 1,447円
東海カーボン 6月4日 2,373円
3社はPBR3倍まで上昇し上場来高値更新した
ヨータイはPBR1倍すら超えることなく上場来高値1,680円は遠かった

上げ相場では蚊帳の外だが、下げ相場では活躍するポンコツ
保有しているとストレスが溜まる株なので個人には勧めなかった
IR、PRが一切ないので割高な他社と比較し割安度をアピールするしかなかった

地合いの悪い今日、上げているのは事件リミックスや倒産寸前曙ブレーキ
株価は業績に収斂するという格言があるがヨータイには当てはまらない
まともな業績予想と株主還元をしないからだ
こんなふざけた会社は他にない 上場企業失格