ここから本文です

フコクの売上高は漸増しており、けっして衰退企業ではない。
電気自動車になろうが、ハイブリット車になろうが、ワイパーは消耗品だ。
売上高推移
13年度569億円、16年度722億円、19年度779億円
20年度予測790億円
*1千億円クラブを目指して欲しい。

経営改革断行により、収益改善は大いに見込める。
*5G関連、最新医療関連、の新規事業にも投資したい。
*利益剰余金312億円、現預金91億円もあり、有効活用が遅れている。
*人件費を始め、あらゆるコスト削減が中途半端だ、特にゴムなどの原材料調達はアイデア不足だ、大胆に、天然ゴムは海外生産プラントを買収する、位の投資をして欲しい。

これが新経営陣小川氏の役割期待だ。
応援しています地元企業のフコクさん。