ここから本文です

> 昭和HDの2016年期本決算短信の添付資料23ページ下部に「事業の業態変更に伴う一部勘定>科目の計上区分の変更」というのがある。これが件の貸付だと思われる。
 >内容を見てもらえば分かるが、8,579百万円もの「長期貸付金」が「営業貸付金」に変更さ
>れ、半期で725百万円もの「受取利息」だったものが「売上高」に計上されている。

受取利息は雑収入に分類される。売上高とは別もんだろ
どういった理由で変更があったのかな?