IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

新型コロナウイルスへの感染を短時間で調べることができる「抗原検査」について、検体が唾液でも確定診断ができる検査試薬が19日、薬事承認される見通しであることが分かりました。

 「抗原検査」は現在、発症後2日目から9日目以内の人を対象に、鼻の奥の粘液から検体を採取する方法で確定診断として認められていますが、より感染リスクの少ない唾液での検査が期待されています。

 関係者によりますと、19日、唾液を採取する方法でも確定診断が可能な検査試薬が薬事承認される見通しであることが分かりました。

 この検査試薬を使い特定の機器で分析すれば、現在、抗原検査にかかる30分という時間より、さらに短い時間で結果が分かるということで、厚労省は近く、唾液による抗原検査を確定診断として認める方針です。(18日00:27)