IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

石原ケミカル<4462>が3日続伸している。午後1時ごろ、21年3月期の連結業績予想について、売上高を164億8000万円から169億5000万円(前期比1.0%増)へ、営業利益を14億1000万円から16億2000万円(同12.0%増)へ、純利益を12億5000万円から14億円(同33.5%増)へ上方修正し、あわせて20円を予定していた期末配当予想を23円に引き上げたことが好感されている。
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が想定より軽微であったことに加えて車載、スマートフォン及び5G関連の需要が高まったことで金属表面処理剤が想定以上に堅調だったことが要因。また、緊急事態宣言が発令され社員の出張制限や在宅勤務を強化したことにより販管費が抑えられていることも寄与する。