ここから本文です

買い方売り方入り乱れて、どっちいくか議論してる状況は嫌いではない。
私は自分なりの根拠を持って明日少し参戦します。
それが、機関の考えとマッチして、利益を生んでくれればそれでとりあえず十分