IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

> たぶん、そういうことだと思います。

統失ではなく、遅れているだけなら、21年度は大きな期待ができます。

yumの本格的損失は20年度と予想していたものが、三吉野の対応やイヴの影響で21年度にずれたのです。

yumの損失は必至です。

sonも20年度での退場を実施しています。
興味のあるかたは以下で検索してください

sonのYahoo!掲示板退場に関する祝賀会

その中の以下の資料をご覧ください。
資料7 Yahoo!掲示板への虚偽の投稿・son身バレを通じて得られた知見を基にしたyum身元調査の結果

掲示板でのsonの状況、MMT webでの質問の内容、損失状況などがわかります。
yumが21年度に本格的損失をすることは間違いないです。