ここから本文です

私は、以下の2つの文章、特に②の意味が大変気になっています。この2つは日本HPと共同受注した受注先の事を言っているのだと思いますが、皆さんは②「昨年共同受注した大手企業によるサービス開始により、新規の引き合い増加が見込まれるため、」の意味をどのように理解されましたか?

「①7月に販売を開始した"magatama"プラットフォームにおいても幾つかの受注実績が出来、特に大口のものについては、平成29年の稼働開始に向けた対応を進めております。
②FIDO規格に準拠した当社"magatama"プラットフォームについて、日本ヒューレット・パッカード社様と昨年共同受注した大手企業によるサービス開始により、新規の引き合い増加が見込まれるため、引き続き日本ヒューレット・パッカード社様をはじめとしたパートナー企業様とも連携して普及を推進してまいります。」

疑問に思ったのは、単に大手企業1社が"magatama"プラットフォームのサービス開始をしただけで、何故DDSに新規の引き合い増加が見込まれるのだろうか、ということです。

これは私の深読みし過ぎかもしれませんが、共同受注した大手企業というのは、その企業が"magatama"プラットフォームを利用したサービスを開始することによって、そのサービスに関係・関連する他の企業群からも新規の引き合いを生じさせるような「影響力をもつ事業を営んでいる企業」ではないのか、と読みました。もし、そうであれば芋づる式に受注契約が転がり込んでくるのでしょうが・・・?

これで今年、共同受注先が判明する時の楽しみが1つ増えました。