掲示板をご利用の皆様へ 禁止行為再読のお願い
禁止・迷惑行為が継続して行われる場合は利用停止などなんらかの措置を行う可能性がございます。
【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について(以下一例)
 ・ひとつの投稿に対し「そう思う」「そう思わない」ボタンを複数回押す行為
 ・不快感・嫌悪感を生じさせるような表現または画像の投稿
 ・プログラム等を用いて機械的にデータを取得・操作する行為
誰もが安心してご利用いただけるようご協力をお願いいたします。
ここから本文です

>>340

>最高顧問の矢島義也氏はかなりの大物だと見たが、逆にDDSの三吉野社長のバックボーンに、此れだけの大物が居れば安心かと。


一概にそうとは言えないかと思います。
良いように捉えればそのようになりますが、現実には怪しげな人物であることは間違いなく、私はフィクサー児玉誉士夫のような人物で、ブタの黒幕ではないかと考えています。
そうでなければ、彼が畑違いの東大研究会の最高顧問に座る理由が見つかりません。
そもそも、大樹総研は何を生業にしている会社でしょうか?

今を去ること二年前、DDSは借入金の返済時期が迫り瀕死の状態でした。
株価も201円まで落ち込み、増資引受人を必死で探していましたが、4月7日にFIDOへの加盟が決まったこともあり、運よく?4月25日には増資引受人が見つかり、11億円強が入り無借金企業に変身しました。

続く6月のFAQでは有りもしない「大転換期」を掲げて株価を急騰させ、1899円の高値まで登り詰めましたが、一か月も経たない内に下方修正を発表しナイアガラとなり、現在の300円に至っています。
この時期に、当然のことながら「増資引受人は思惑通り高値」で売り抜け、「ブタも甘い汁」を吸っています。
恥ずかしながら、私もこの時点で少々おこぼれを頂戴しました。(-_-;)

この件を今考えてみますと、ブタの黒幕に矢島義也が存在し、「増資引受人の斡旋」から「高値で売り抜けるシナリオ」まで、彼の差し金と考えるのが妥当ではないでしょうか?

何故なら、調べたら分かることですが、胡散臭い大樹総研の生業は・・・・・・・・・・・・。

以上の、済んだことは今ではどうでもよく、DDSが横道に逸れずに、ハイテクさんが望まれているような、新役員さんの目覚ましい活躍を見届けたいものです。
ブタよこれ以上裏切るなヨ!