IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

岡本吉起氏の不都合な真実



モブキャストが岡本吉起というゲーム開発者とゲームを共同開発するとのことなので、調べてみた。

まず、岡本吉起という人。ウィキペディアを見ると、2003年にカプコンを退社して、ゲームリパブリックという会社を

設立している。この会社でゲームをいくつかリリースしたが、どれも泣かず飛ばずで、ヒットと呼べるものは皆無だっ

た模様。中でも、『エブリパーティ』という作品はXbox 360のローンチタイトルとしては最低となる初週売り上げを記

録するという恥ずかしい経歴を持っている。



そして、2010年には、ゲームリパブリックは経営難になり、2011年には「2ケタ億円」の負債を抱え、実質的に活動停

止、岡本はゲーム業界から姿を消した。



パズドラのガンホー社長森下氏がパズドラの成功の要因について「運が良かっただけ。100%率直に、運です。」と言

ったことはゲーム業界に生きる人としては真実をついているのであろう。



岡本氏もたまたま運がよかったので、モンストの開発メンバーの一人になることができたのであろう。(ウィキペディアによると、モンストの開発メンバーは7人とのこと。その7人の中にたまたま入っていただけ)



スマホゲーム各社が様々なゲームをリリースする現在、スマホゲームでモンスト並みのヒット作を作り出すのは限りなくゼロに近いだろう。

甘い期待で飛びつくと、えらい目にあうだろう。



岡本氏新作「ブラックナイトストライカーズ」は、圏外の奈落の底で、大コケらしいww

ゲーム評価2で最低の評価1がダントツww

ありえないレベルの糞ゲーwww