ここから本文です

「子供の声、ウルサイ💢」開園-断念 千葉・市川<私立-保育園>


毎日新聞【小林多美子】
04月11日(月)20時52分 配信



千葉県-市川市で4月に開園-予定だった私立-保育園が


子供の声で五月蝿く成る💢」等の近隣-住民の反対を受け


開園を断念して居た事が判った


同市の待機-児童は、373人で全国=


市・区・町・村で9番目に多い(昨年4月時点)


説明会に同席する等して地域の理解を求めて来た市の担当者は


住民の反対で)開園が延期したCaseは、東京-都内-等で有るそうだが


断念は、聞いた事が無い。残念だ」と、言う



市に因ると、同県-松戸市の社会-福祉-法人が3月


木造2階-建ての園舎を完成させ



4月1日に定員108人(0~5歳児)で開園する計画だった



予定地は、市-中心部に近い住宅街で



昨年8月に、開園を伝える、看板を立てた所


反対-運動が、始まった⚡️と、言う


住民側は、市や社会-福祉-法人に対し、計画-撤回の要望書を提出


社会-福祉-法人に、因る説明会も、複数回-開催されたが


子供の声が、騒音に成る」「保育園が面する道路は、狭いので危険だ」


等の意見が強かった⚡️と、言う


市に因ると、此れ迄も市内で、他の保育園-開園への反対は有ったが


防音-対策を講じる事-等で、最終的に合意を得られて居た⚡️と、言う


社会-福祉-法人は、3月・下旬の理事会で、断念を決定した


理事長は「保育園は、地域の皆さんから、見守って貰えなければ成り立た無い


現状では、無理だ💧と、判断した」と、話して居る



📰黒星★新聞【社会】子は🇯🇵國の宝と、昔は良く言った物ですが、現在は、少子化にも、拘らず、子供たちを可愛がりません、地域の崩壊では説明の付か無い訳は、お年寄りの暮らし振りの変化に在ります、『老後をイキイキと暮らす』と言った文字を見無い日は無い程Mass Communicationが焚き付けますので、昔より遥かに元気なお年寄り達は、旅行やSports・Culture Classと自分-磨きに余念が有りません、我が孫が遊びに来ようとも却って邪魔に為る位なのです、Selfish=餓鬼道に堕ちたニッポン人💢此処に極まれり💢と言った大層みっともない話しで在ります(続く…)

2831 - はごろもフーズ(株) 「子供の声、ウルサイ💢」開園-断念 千葉・市川<私立-保育園>   毎日新聞【小林多美子】 04月1