ここから本文です

ここは下落幅が少なく安心。増収増益。
公共事業はじめ耐震、耐久性の工事は予算組まれて景気後退時も削減にはならない。
高度成長からの建物はこれからますます対象になって当社の受注につながるでしょう。