ここから本文です

消去法ではあるが、現在の投資環境から勘案すると同社含め内需銘柄が物色の対象となりやす。
株価水準も低く、幅広い投資加家から注目されると思う。