ここから本文です

速筋は普通の筋肉ではなく、オプションの筋肉。
速筋は酸素からATPを作るなどはせず、ATPを高濃度で消費する。
速筋は多くのATP供給できる状況で、大きなコストをかけても増やそうしたときに増やせる。
速筋を増やすには、ATPを増やすため、遅筋のミトコンドリア機能を高めてやるのが前提。
速筋を増やすには、どうしても増やさなければいけない、と思わせる。そのため不足を実感させる体験が必要
速筋はコストが非常にかかり、必要性の実感が減ると、減る。
速筋はATP供給と必要性実感が充分ある間は、増える。