IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

12月のビッグイベントは二つですね

1、12月15日の🇺🇸追加制裁発動の有無
「ピーターソン国際経済研究所(PIIE)のメアリー・ラブリー上席研究員は「リスト4Bの対象となっている製品の対中輸入依存度は相当高いので、15%の追加関税が課された場合、既に投資が縮小している中で米国の景気にも影響が出るとみられている。リスト4Bが引き起こす減速は雇用創出に影響し得るとともに、米国経済を牽引してきた国内消費の伸びを抑制する可能性がある」と指摘する」

2、OPECの追加減産の有無
「OPEC加盟国はウィーンで12月5日に総会を開き、翌6日にはロシアなど非加盟国と構成する「OPECプラス」の会合を開く。OPECプラスは12月の会合で、昨年合意した協調減産を継続するか、それともさらなる減産に踏み切るか決断しなくてはならない。現行の協調減産では北海ブレントを60ドル以上に保てない可能性があるからだ。それでも今よりも大幅な減産を望む加盟国はほとんどないかもしれない。」