ここから本文です

明日の風はいかに
桜の咲く頃には懐かしい思い出となって
おるのではないかと思う,まだ?倍、テンバガーには、程遠い、焦るなかれ・・・