ここから本文です

「メルカリの将来のすがた」
メルカリは、一般個人が集合して販売者になり、購買者になるという全く新しい世界を作りました。しかも、個人が売りたいと思うものは、総て店頭に出すことができます。
まず中古品ですが、これはリサイクルです。リサイクルは、気候変動の最も大きな原因である地球温暖化防止のための、必要不可欠な、最も先進的な技術です。
更に、既存の商品だけでなく個人が売りたいと思うものは売れるという新しい世界です。
最近びっくりしたのは、満員電車で座る権利が売りに出されたことです。私が注目したのは、このような商品を開発する個人の創造性です。これは禁じられましたが、このような新しい商品が、メルカリを通じて売りに出されるでしょう。これは、とても素晴らしい新しい世界です。
また、メルカリはアメリカに進出し、年率70%の拡大を続けています。GAFAが偉大なのは、世界に展開しているからです。メルカリは,その一つとなろうとしています。
更に注目すべきは、メルペイです。メルペイは、単に電子決済システムだけでなく、メルカリで創造された新しい価値を、創造した人が使うシステムです。これはアメリカを通じて、世界で使われるようになるでしょう。即ち一個人が作り出した価値が、世界で通用するようになるのです。
これは、フェースブックのリブラを大きく超えるものです。メルペイは、これは通貨発行権を越えて、産業と、そこで作り出さる商品を安定的に、安全に交換する役割、即ち国家そのものと同じだからです。しかもこのような、驚くべきものが、そっと作り出され、しかも誰の反対もなく発展し続けています。
メルカリはおそらく、GAFAを超える、世界的な企業となるでしょう。だからこそ、単にフリマアプリの提供者に過ぎないメルカリが1700人の従業員を擁し、更に優秀な若い人材を蝟集させています。5年後、世界はメルカリという言葉が、GAFA以上となっていることを目のあたりにするでしょう。